FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Swallow Tales / John Scofield

ジャズギターを弾く側の人間が求めるギターアルバムって、コレだよなぁ。
(いや、単なるアマチュアだけどもさ。)

Apple Musicでは割と早くから数曲の先行配信があり、
コレがもうメチャメチャカッコ良くて、発売をずっと待っていた。
日本盤の発売後も何故か輸入盤が入手困難で、先日やっと入手しました。

タイトル通り、全曲Steve Swallowの曲。
もしかするとリスナー側にはそれ程馴染みが無いのかもしれなが、
Falling Graceを筆頭にプレーヤー側なら、演奏したい曲ばかり。
しかも、管楽器ではなくて、ピアノとかギターが弾きたい曲なんだよね。

でもねぇ、どれも難しい曲ばかり。
大体、4で割り切れない字余りの小節数だし、
構成もAABAじゃなくてABCDとか、、

Bassは勿論Steve Swallowで、DrumのBill Stewartという
大名盤のEnRoute以来のレギュラーメンバー。

(オイオイ、廃盤なのか!?)

実は、このメンツのライブを見たことがあります。

”Steve、オレを止めてくれ” John Scofield Trio at Blue Note Tokyo

楽しそうに燥いで、顔芸までするジョンスコ爺さんを、
我関せずという鉄面皮なリズム隊が印象的でした。
この時に演ったEiderdownはカッコ良かったなぁ。

新譜は、派手では無いけど、どれもクラクラするくらいの良質な演奏です。
Falling GraceもEiderdownも素晴らしいけど、
個人的には、She Was Youngかなぁ。
通勤中にiPodのランダム再生で急に始まったら、多分腰が砕けると思う。

通勤電車の中でのiPodランダム再生って破壊力有るんだよなと、
テレワークの私は、少しだけ懐かしむのだ。
関連記事

Neesh / Mike Stern 日本限定盤の行方

Mike Sternの1st アルバムであるNeeshがリマスターで再発されました。

元々は日本のTRIO Recordから発売されたCD、いや、LPだな。
まだ、Mikeが足を洗っていない頃の作品で、
当時はMilesバンドのギターという認識だったから、邦題は”ファットタイム”。
(Milesが、太ってたMIkeに付けたあだ名ね。)

今聴き返すと、既にディストーションバリバリのチョーキング一発という
愛すべきマンネリズムが始まっていたのだが、
当時は妙にダークでバップっぽい印象を持ってたんだよね。
個人的には彼のアルバムの中では一番好きだったりする。

実は以前、一度CD化されているんだけど、
状態の悪いLPをリッピングしたらしく、スクラッチバリバリの粗悪品だった。

今回、一応公式的にTRIO Recordのリマスターとして復刻されたんだよね。
リマスターといっても、多分LPリッピングはそのままで、
デジタルノイズリダクション等で音質改善したんだと思う。
まあ、ノイズは減ってるし、これなら楽しめます。

80年代中頃の日本はバブル初期ですごく元気というか金満だった。
音楽業界も金に任せて、この手の日本限定盤が結構あったんだよね。
有望な新人やサイドマンをリーダーにした企画盤で、
面白いのが一杯ありました。
TRIO復刻盤は、Mikeの他に John Scofieldの1stもあるので
早めに確保した方が良いと思う。


復刻してほしい日本限定盤って、結構あるんだよなぁ。
思い付くまま挙げてみる。

Yesterdays / Lew Soloff


増尾好秋さん監修のJazz Cityレーベル
Summer time / Bill Evans

My Shining Hour / Chuck Loeb

New York State Of Minds / Scott Kreutzer


この辺りは、一度は復刻されていると思うのだけど、
これはどうなんだろう、ずっと探しているのだ。
High Standard / Steve Slagle


録音したカセットテープは有るんだけどね。
Mike Sternが良いのですよ。

この手のは、見つけたら即買わないと後の祭りなのです。
関連記事

Stereo Jackのススメ

エレキギター弾きなら、一度は体験するジャックの接触不良。
本番に限って、ガリガリ、バリバリの爆音の後、音が出なくなる。

まぁ私の経験上、こう言うのはですね、急に起きるんじゃ無くて、
大抵はリハの時からガリガリいってる訳ですよ。
メンバーの不安そうな顔を余所に、当人は
”シールドをクルクル回せば大丈夫なのよ。”
とか言ってる訳ですよ。

で、本番で起きた時は、クルクル回してもガリガリいうだけ。
大騒ぎしてシールド替えて、挙句はギターを替えてライブ終了。
シラーっとした楽屋で、バンドも人間関係も終了。

えとね、ギター弾きとして擁護させていただくとですね、
ギタージャックの構造上、接触不良が起き易いのよ。
特に、グランド側は内側の淵との面接触なんで、
ちょっとサイズが合わないだけで、すぐ接触不良になっちゃうんだよね。

そんなギタリストあるある向けに出たのが、このジャック
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SCUD PTT1 Pure Tone Jack モノラルジャック
価格:880円(税込、送料無料) (2020/5/31時点)




ホット側もグラウンド側もバネ接点、しかも二重接点。
ダブルで安心のPure Toneジャックです。

確かにこれ宜しいのですが、如何せん高い。

ということで、私が昔から使っていたのは、普通のステレオジャックです。



ステレオジャックのリング側接点もグラウンドに使うことで、
グラウンドもバネ接点になるんだよね。
二重バネ接点ではないけど、接触不良回避ならこれで十分、安いし。

GWのお宝 Tokai LS-50 Les Paul Reborn その2

Tokaiのレスポールリペアの時もこれを使いました。
シールドのホールド感もガッチリしてるし、
お家での暇つぶしに、このジャックに交換しながら、
ギターメンテは如何でしょうか。

関連記事

電子書籍でKurtする。

家で過ごす一環で、ネットで本を物色していたんだけど、
面白そうな本や雑誌というのもだんだん尽きてきてしまったのですよ。

で、楽天で”Guitar”の検索ワードで、書籍関係の結果リストを見ていくと、
電子書式の洋書で、見たことのない教則本や楽譜があることに気付いたのだ。
勿論ね、英語が得意な訳では無いのだけど、楽譜とかなら関係ないし、
米国Amazonから送料かけて取り寄せるよりは、ずっと安い。

で、最初に購入したのがこのスライドギター教則本です。


実は、大学の時に習っていた先生が、
”これからはスライドの時代だ。”
と言って、これをテキストにしたレッスンをしてくれたんだよね。
レッスンの度に、本の一部をコピーしてくれたんだけど、
本として購入したいなぁと思っていたのでした。
結局、スライドの時代は来なかったような気もしますが、
久し振りにスライドバーを使ってみようと思います。

さらに見ているとKurt君の”Star of Jupiter”のコピー譜が有るではないか!


私、このアルバムがKurt君の中で一番好きなんだよね。
ということで早速購入。

今、この中のHomage A'Mitchをコピー中です。
このアルバムの中では、割とオーソドックスなBopチューンで、
パクリがいのある美味しいフレーズ満載です。
コピーしていて思うのだけど、音使いがカッコ良いのは勿論なんだけど、
リズムがレイドバックしていて、他のコンテンポラリ系ギタリストとは
一線を画していることに気づく。

因みに、Mitchって誰だろと思って調べたら、
TwitterでKurtに直接訊いた人がいました。
Mitch Bordenさん(Smalls Jazz Clubのオーナー)だそうです。

もう少しお家で過ごしましょうかね。
関連記事

ドライチャンネルは放送されなかった / セッションギタリストの流儀

外出しないんで、本を読む。
恒例のシンコーミュージックマニアックシリーズが出ていたので購入。



奏法研究としてギタリスト毎に2、3例のフレーズが載っているんだけど、
これが、結構マニアックなんだよね。
Buzzy Feitenだと、Neil LarsenのWindsongだし、
リトナーなんかSteely Dan唯一の参加曲のDeacon Bluesだもんなぁ。

Steve Lukatherは、Back On The RoadにA Clueに
Another Nightだからこちらは、定番だ、、え、Another Night?
あのね、Another NightはWilson Brosで唯一ルークのソロじゃないのよ。
やらかしたか?と、思ってフレーズを弾いてみたら、
Just Like A Lover Knowsの1st Soloでした。

インタビューも面白い。
David SpinozzaがSteve Gaddバンド来日時のインタビューでは、
”Michael Landauのトラなんで、同じ音の出そうなギターを持ってきた”
なんて、如何にもセッションギタリストの流儀だよなぁ。

私にとって、この本の1番の発見は、Steve Lukatherのインタビュー。
あの、悪名高い軽井沢ライブのテレビ放送の音声では、
彼の演奏はエフェクトチャンネルしか入ってなかったらしい。
それであんなにジュルジュルして何弾いてるかわからん音だったんだ。



You Tubeにひどいコメントばかりで憤慨してる様子が、
彼には悪いが、ちょっと笑えた。

80年代MTV世代のギターファンならオススメです。
因みに、こちらはもっとマニアックです。



掲載しているCDをApple Music or YouTubeで聴くと、
結構時間を潰せますよ。

関連記事

 | HOME |  »

//-->
Powered by : Designed by ch*nu