FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Angular Blues / Wolfgang Muthspiel

あぁ、もうなんて素晴らしいんでしょう。

ギター弾きでWolfgang Muthspielのファンならば、
多分、あの奇跡のギタートリオであるReal Book Storiesを求めてしまう。
久し振りに今回のトリオはその匂いがします。

何と言っても2曲のスタンダードが良いのだ。
Gペダルで弾くテーマがメチャメチャカッコ良いI Remember Aprilに、
小粋なEverything I Loveも素晴らしい。

東京で録音されたらしいのだが、
実はその時のツアーをCotton Clubで観ている。

夏のジャズギターライブ三昧

来日の度に観ているのだが、コレは近年のベストだった。
このアルバムでもガットギターを弾いているんだけど、
ガットギターに関しては、音も含めてジャズギタリスト中No.1だと思うんだよね。
普通のエレガットをVOXのAC30に繋いでいるだけなのに、妙に生々しいのだよ。

Everything I Loveの中で、ちょっと気になったフレーズが有った。
everyting.jpg
サムネイルが上手くできないのは勘弁して欲しいのです。

3弦をペダルにして、1、2弦の音を混ぜるフレーズなのですが、
ピックで弾くと弦飛びアルペジオで結構難しいのが、
指弾きだと、親指と人差し、中指の組合せで楽に弾ける。

僕は、ピックではなく指弾きなんだけど、
指弾きの意義というか、指で弾く必然性を悩んでいた。
ヒントになりそうで練習中です。
関連記事

Lyle Mays

Pat Methenyの新譜のレビューをAmazonで読んでいたら、
2月にLyle Maysが亡くっていたことを知りました。
G&Keyの相棒と言えば、Pat MethenyとLyle Maysだったのです。
(もうひと組は、Buzzy FeitonとNiel Larsenね。)

初めてのソロアルバム、Street Dreamsを聴いた時、
PMGで僕が好きな部分は、Lyle Maysの要素が大きかったんだと気付きました。

このアルバムもCDは廃盤で、ダウンロードのみのようですね。

Third WindのSE満載の中間部から、ピアノをかき鳴らす瞬間のカタルシス。


奇跡のようなPat Metheny Groupはもう観ることができないのですね。
関連記事

Ozmosys

僕のFavorite DrummerはずっとOmar Hakimでした。
古いフュージョンファンなら、香津美さんのTochikaツアーのインパクトが強いのかな。
Steve Jordanのスケジュールが合わないことがわかった時、
Marcus Millerが”もし気に入らなかったら俺のギャラは無しで良いから”といって、
推薦したのが幼馴染のOmar Hakimだったと言う噂。

当時無名だったOmar Hakimは、あいつは何モンだと話題になったらしい。
(残念ながら、僕は少しズレて実体験としては無いんだよね。)

僕個人がファンになったきっかけは、香津美さんのMobo。

この最終曲のAll Beets Are Comingがとにかく凄い。
Sly & RobbieとOmar & Marcusのダブルリズムの上で香津美さんが弾きまくる。
途中からタガが外れたOmarが煽る、煽る。

もう一つ忘れられないのが、Stingのライブ映画”Bring On The Night”でのドラムソロ。
後半1分のコレはもう生で見たら失禁モノ。


とまぁ、長い前振りになってしまったが、
Omar Hakimの新バンドOzmosysのEPが出ました。
なんと、ギターはKurt Rosenwinkelです。



既に5月の来日が決まっている模様。
あーもう待ちきれないです。
関連記事

跳ねるな、危険。

スイングしなきゃ意味は無い。
まぁそうなんだけど、これが大変なのだよ。
所謂、ソロは跳ねるな、モタモタ弾けと。

レッスンで良く言われたのは、八分の裏拍が短いからダメなんだということ。
ところが、本当にイーブンの八分で弾くと、これはこれでスイングしない。
でね、スイングしていると思うソロをたくさん聴いて気づいたのは、
イーブンの八分のまま、単に後ろにズレてるんじゃ無いかと。
跳ねた裏拍を伸ばしたら、拍の頭が後ろにズレたと。

特に、小節の後半の2拍は顕著な気がします。
ター タカタ ・タ・カ・タ・カ みたいな、、(いや、判りにくいか、スマン。)

はい、皆さん、当たり前ですよね、言わずもがなですよね。

この摩訶不思議なノリを、波形解析ソフトを使い検証した本が出版されました。


とにかく面白いです。
跳ね具合と、モタり具合の組み合わせで、色々タイプがあって、
これが定量的に解説されていく圧巻の内容です。

演奏のヒントというだけでなく、単なる読み物としても面白いので、
是非ご一読を。


関連記事

今年も物欲

今年も物欲は抑え難し。
大体、年明け早々NAMMショーがあるのが良くない。
各メーカーのそそる新商品情報が年始の緩んだ頭を直撃するではないか。

ということで、現在、頭を悩ます物欲品を紹介してみます。
まずは、MOTUが満を持して発売したオーディオインターフェイスのエントリーモデル。
2in2outのM2と、4in4outのM4です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOTU M2【予約商品・2月中旬以降予定】
価格:23980円(税込、送料無料) (2020/1/28時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOTU M4【予約商品・2020年2月末入荷予定】
価格:30580円(税込、送料無料) (2020/1/28時点)



特別な機能が付いている訳ではなく、ただ単純に音が良いということで、
入荷即完売を繰り返している状態。
私がオーディオインターフェイスとして使っているPod HDは、
どうもMac Miniと相性が悪く、音切れで悩んでいた所にコイツだ。
最初はM2で良いかと思ったのだが、M4なら背面のライン入力にPod HDを入力できるしなぁ。
今の物欲リスト第1位です。

で、年明け早々のNAMMで話題騒然なのが、Pod HDの後継として発表したPod Goだ。

内容を見るとPodというよりはHelix系ですね。
Hx Stompにペダルをつけけて、DSPをケチって安くしたという感じか。
多分6万くらいだと思うので、これは売れるんじゃないだろうか。
ただ、結構デカイんだよね。
ペダルもフットスイッチも要らないので、従来のソラマメタイプの廉価版の方が良いのだが。

実は微妙な立ち位置になったHX Stompが値下げを期待してるんだけど。


アンプシミュレータなら、最強のIRデータローダーになるコイツも良いんだよ。


物欲に塗れつつ、実際はメルカリで中華激安エフェクタ検索で紛らわす私でした。
関連記事

 | HOME |  »

//-->
Powered by : Designed by ch*nu