FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Hero with a 1,000 Works

Queenの映画ネタ以来、高校時代の音楽の物色をしていたら、
シンコーミュージックから面白そうなムックが出たので早速発注してみた。
それがこのSteve Lukatherのセッションワークの記録だ。
大好きだったなぁSteve Lukather
コピーもたくさんしたし、高校の頃は僕のギターアイドルだった。


目次を見ると”スティーヴ・ルカサー名演七選”という項目がある。
実際のムックはまだ届いていないんで、予想してみる。

まずは、A Clue / Boz Scaggsは外せないよね。
ルカサーファンならこれを知らなきゃモグリという、ルカサーの出世ソロだ。
CからCmの同主調に転調してソロが始まるんだけど、
2小節目のF7と7小節目のAbM7のフレーズが、当時としては革新的な音使いだった。

で、ここからルカサーの怒涛のセッションワークが始まる。
名演として名高いのはこの辺りかなぁ。
Back On The Road / EW&F
I Want You / The Brothers Johnson

本家のTotoでの演奏よりセッションワークの方が良いっていうのが定説だけど、
一応Totoからも選んでおこう。
Rosanna (これは中間部のソロより、最後のジャムぽいソロがいい。)
You Are The Flower (この曲を選ぶ人多いよね。)

ここで、少し大穴的な選曲。
Hold on / Ernie Watts
実は、今ちょっとコピーしてるんだけど、16分音符から6連に変わるところの
スピード感が加速する感じがいかにもルカサーっぽいんだよね、

最後は、まぁ、多分これがセッションワークの双璧ソロ
どちらもWilson BrothersのAnother Nightから。
ジャジーなクリーントーンのShadowsと、歌いまくるJust Like A Lovers Knows。



もし、未聴の方がいたら、是非是非。

あ、オリビアのフィジカル忘れてた。
関連記事

まってくらさーいはおれのことばさ。

Queenの映画"ボヘミアンラプソディ"がヒットしてるらしく、
僕の周りでも観に行った、泣いただの話を聞くのだよ。

僕らが洋楽を聴き始めた頃は、ミュージックライフ、音楽専科といった雑誌があって、
洋楽のメンバーをキラキラのヨーロッパ貴族的(多分、ベルばらのイメージ)キャラ設定で煽っていた。
確か、ELPまでそんな扱いだったような記憶が、、

Queenの場合、フレディマーキュリーはまぁそのですが、
ドラムのロジャーテイラーという正統派二枚目がいるんで、アイドル的人気があった。
初来日の羽田空港は女性ファンが殺到し、メンバーも日本における過熱人気に驚いたらしい。

そのせいか日本向けのリップサービス的発言も多くて、気使ってるなと。
リップサービスと言う訳じゃないと思うのだが、日本語の曲があってよく聞いていた。

華麗なるレース収録の"Teo Torriatte"です。


来日時の通訳の方が英詞を訳したらしいが、
メロディの乗りも含めたとても良い訳で、曲がキワモノになっていない。

実はこの他にも日本語が挿入されている洋楽は結構ある。
来日記念盤のみだったが、The Policeの”De Do Do Do De Da Da Da"。
これは訳が湯川れい子という、非常に残念なひとなので、かなりキワモノっぽい。

”どどどでだだだはおれのことばさー”
大体、”おれ”っていう一人称は無いと思うんだよね。



あのKing Crimson様が日本語のタイトルを使ってると、ある意味ショックだったのが、
新生Crimsonの”まってください”だ。
エイドリアンブリューは悪くないと思うのだよ、
でもなぁ、クリムゾンなのだよ。”星は無く聖書は闇”なのだよ。”混乱こそ我が墓碑銘”なのだよ。


ニコニコして、”まっってぇええくらさーいぃ”はないと思うのだ。
あぁ、John Wetton様を呼んでくれ。
デブる前のGreg Lakeをお願いします。
となるだろ。

やっぱり、日本語は邦楽が良いのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

華麗なるレース(初回限定盤 紙ジャケット仕様) [ クイーン ]
価格:2319円(税込、送料無料) (2018/11/24時点)


関連記事

マルチエフェクタの物欲

先日の楽器フェアで一番試奏したかったのは、Line6の新製品HX Stompだった。

YAMAHAに買収されてからの楽器フェアのLine6の展示は、
YAMAHAブースの片隅で説明員もいない放置状態といった酷い扱いだったんだよね。
それが今回は、Helixシリーズを中心とした力を入れた展示で大盛況だった。
しばらく順番待ちしてみたんだけど、結局試奏は諦めました。

HX StompはHelixシリーズのアンプ/キャビネット/エフェクトそのままに、
コンパクト化したもので、しかも従来品のほぼ半額の値段設定。
これまでのHelixシリーズは、まぁ買えませんよ、イラネッすよという値段だったんで、
興味ない”フリ”してたんだけど、これならギリギリいける設定です。

一世代前のPod HDを愛用してるんだけど、Helixではアンプモデルも増えてるし期待できそう。
Pod HDだと、gibsonのEH185がジャズ系にはすごく良くて、こればっかり使ってる。
HelixにもEH185はあるので、Helixモデリングでどんな感じになっているのか楽しみなのだ。

あと、コンプレッサのLA-2Aのモデリングも良いんだよ。
コンプレッサ嫌いだったんだけど、軽くかけるとツヤ、ハリが出て極上のクリーントーン。

HX Stompは同時エフェクトが6個に減ってしまったけど、
Jazzなら、LA-2AにEH185とDelayにリバーブで良いから問題なし。

しかも、IR(インパルスレスポンス)を読み込み可能だから、
サードパーティ系の良質なキャビネットデータを使えば、PA直でも、DAWでも対応できそう。

良いなぁ、良いなぁ。
お金貯めよう。あ、ボーナス。

と、言いつつ、現実的にはこちらも調査中


リンクさせてもらっている、ガーシャさんが絶賛していたんで興味深々なのだ。
ガーシャさんはギター用を使っているのだが、僕はベース用でも良いかなと思っている。
何と言ってもpolytoneのアンプモデルがあるのが良さげ。

物欲って怖いのだが、仕事のモチベーションにはなるよね。
関連記事

楽器フェア2018

2年振りの楽器フェアである。
楽器業界最大のイベントなんで、色々下調べして満を持して参戦というのが定例なんだけど、
今年は、”ま、行ってみるか”的な感じで出かけました。

まずはアウトレットで物色。
楽譜関係だと、期待のATNが不参加でジャズ系の掘出しモノはありませんでした。
リットーミュージックが昔出していたジャコの解説本が半額で出ていたので、ゲット。
で、本展示場に移動。

一時期、音出し厳禁の開催だったのですが、近年は音出し解禁。
というか、無法状態ではっきり言ってうるさい。
以前は、隣接ブロックのデモは時間をずらす配慮があったと思うんだけど、
ここ数年は出したもん勝ちという感じで、アコギの試奏なんかはほぼ壊滅状態なんだよね。

ということで、エレクトリックギター系で面白かったものをレポートしてみる。
先ずはフルアコの個人ビルダーで出展されていた、Ejima Archtop Guitars
楽器フェア2018 - 3
17inchと16inchのモデルを試奏したんだけど、17inch(fホールじゃないモデル)が良かった。
少し中域にスコープした感じで、単音でも音が通りそう。
ただ、4つ切るような演奏にはすこしキレが欲しいかな。
工房が割と近いので、リペアもやってくれると嬉しいんだけど。(今は未対応とのこと。)

次は変わりダネの2点
楽器フェア2018 - 1 楽器フェア2018 - 2
SG Technologyの分解可能なヘッドレスギター。
友人がセッションに持参したことがあって、注目してました。
意外にまともな音と、弾き心地。
Steinbergerでも良いんだけど、ネックが取り外せるので可搬性が向上。

楽器フェア2018 - 5 楽器フェア2018 - 4
これは、SwissのRelish Guitars
Pickupがモジュール化されていて、簡単に交換できる。
コントロール系もタッチパネルのセレクタだったり、キワモノ臭プンプン。
その割には普通の音なんだけど。

ただ、この手のギターは、アフターケア、サポートがねぇ、、
(Steinberger、Casioのギターシンセで懲りた。)

次はアンプ。
楽器フェア2018 - 9 楽器フェア2018 - 8
DV Markのジャズ向けミニヘッド。
残念ながら、試奏できなかったんだけど、音はDV Jazzに近いのかな。
好みのスピーカ、キャビネットが使えるのは嬉しいけど、
DVはコンボが軽いんで、ミニヘッドの意味は少し希薄。
楽器フェア2018 - 1 (1)
VoxのNutube使用のミニヘッド。実は今回が初試奏。
好評のクリーンモデルは使いやすく、ジャズ向けでも良い感じ。
あのダンブルを意識したと思われる、新製品のブティックモデルは
ゲインの幅が広く結構歪むんで、オールジャンルならこちらが良いかな。
これは迷うなぁ。(買う気になってる。)

アンプのNo.1はこちら。
楽器フェア2018 - 6
フェンダーを意識した感じのブギーの新製品。
クリーントーンに張りがあるのに、嫌な押し出し感も無く、これは欲しいです。
ブギーって、毎回、楽器フェアの試奏で良い印象なんだよね。
メーカーの設計思想が、異常にうるさい試奏環境でも音が通るのかな。
まぁ、メタル御用達メーカーだしね。

今回も楽しく参加できました。
物欲の刺激を収めるのが大変です。
関連記事

我が心の3大xxx

ギターマガジン今月号の”我が心の新3大ギタリスト”という特集が、
一部で盛り上がっているらしい。

高橋信博さんの連載が終了して以来、ギタマガを買っていないので
実際の記事は読んでいないんだけど、この手の個人ランキングって盛り上がるよね。
また3人というのは結構迷うんだけど、僕は二人までは決まってるんだ。
Jeff BeckとBuzzy Feitenだ。
二人は僕にとってのエニィタイム、オールタイムベストだ。

一応、ベスト盤を出しておくと、Beck様は泣く子も黙るBlow By Blow。
(その昔の邦題は”ギター殺人者の凱旋”だった。猫を避けて事故ったBeck様になんて邦題だ。)
でFeiten先生は、Niel Larsenとメデタく双頭クレジットとなった、
Larsen-Feiten Bandの1st。


で、残り一人が迷うというか、年代によって変わってきたんだよね。
高校生の頃なら、Steve Lukatherだったとおもう。
大学の頃は、渡辺香津美さんか、Allan Holdsworthかなぁ。
リーサラになって20年くらいはPat Methenyだった。

今は誰かなぁ。
Star of Jupiterが出た時は、Kurt Rosenwinkelに一生ついていきますと思ったんだけど、
Caipiがなぁ、、僕には合わなくてちょっと冷めてしまった感じだし。
NovaのCorrado Rustici様とかのJazz Rock系も挙げたいところなんだけど、
コピーしまくったかというと、聞き専だし。

大体、3大ナントカって選ぶとき、最後の1枠って難しいよね。
例えば、ギター弾き同士で呑むとき絶対盛り上がるお題に、
”ギターを3本だけ持てるなら何を選ぶ?”というのがある。

あまりリアルにな話になると面白くないので、こんな条件をつけてみる。
”今の自分のギターは全て売却して、予算は100万。”

こっちも難しい。
一本なら、多分、予算内で買える最高のES335だと思うのだが、なまじ3本選べるのが、、

58年モデルのレスポールヒストリックの中古。
P90の乗ったES175の中古。

あと一本。
アコギか、ストラトorテレキャスのシングルコイル?。
やっぱりセミアコも欲しいよね。
悩むのだよ。

”我が心の3大アイドル”なら簡単なんだ。
中森明菜に、木之内みどり、そして
夏目雅子、いや、つみきみほだって好きだったし、相本久美子も良かったし、

あれ、、





関連記事

 | HOME |  »

//-->
Powered by : Designed by ch*nu