FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ドライチャンネルは放送されなかった / セッションギタリストの流儀

外出しないんで、本を読む。
恒例のシンコーミュージックマニアックシリーズが出ていたので購入。



奏法研究としてギタリスト毎に2、3例のフレーズが載っているんだけど、
これが、結構マニアックなんだよね。
Buzzy Feitenだと、Neil LarsenのWindsongだし、
リトナーなんかSteely Dan唯一の参加曲のDeacon Bluesだもんなぁ。

Steve Lukatherは、Back On The RoadにA Clueに
Another Nightだからこちらは、定番だ、、え、Another Night?
あのね、Another NightはWilson Brosで唯一ルークのソロじゃないのよ。
やらかしたか?と、思ってフレーズを弾いてみたら、
Just Like A Lover Knowsの1st Soloでした。

インタビューも面白い。
David SpinozzaがSteve Gaddバンド来日時のインタビューでは、
”Michael Landauのトラなんで、同じ音の出そうなギターを持ってきた”
なんて、如何にもセッションギタリストの流儀だよなぁ。

私にとって、この本の1番の発見は、Steve Lukatherのインタビュー。
あの、悪名高い軽井沢ライブのテレビ放送の音声では、
彼の演奏はエフェクトチャンネルしか入ってなかったらしい。
それであんなにジュルジュルして何弾いてるかわからん音だったんだ。



You Tubeにひどいコメントばかりで憤慨してる様子が、
彼には悪いが、ちょっと笑えた。

80年代MTV世代のギターファンならオススメです。
因みに、こちらはもっとマニアックです。



掲載しているCDをApple Music or YouTubeで聴くと、
結構時間を潰せますよ。

今年も物欲

今年も物欲は抑え難し。
大体、年明け早々NAMMショーがあるのが良くない。
各メーカーのそそる新商品情報が年始の緩んだ頭を直撃するではないか。

ということで、現在、頭を悩ます物欲品を紹介してみます。
まずは、MOTUが満を持して発売したオーディオインターフェイスのエントリーモデル。
2in2outのM2と、4in4outのM4です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOTU M2【予約商品・2月中旬以降予定】
価格:23980円(税込、送料無料) (2020/1/28時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOTU M4【予約商品・2020年2月末入荷予定】
価格:30580円(税込、送料無料) (2020/1/28時点)



特別な機能が付いている訳ではなく、ただ単純に音が良いということで、
入荷即完売を繰り返している状態。
私がオーディオインターフェイスとして使っているPod HDは、
どうもMac Miniと相性が悪く、音切れで悩んでいた所にコイツだ。
最初はM2で良いかと思ったのだが、M4なら背面のライン入力にPod HDを入力できるしなぁ。
今の物欲リスト第1位です。

で、年明け早々のNAMMで話題騒然なのが、Pod HDの後継として発表したPod Goだ。

内容を見るとPodというよりはHelix系ですね。
Hx Stompにペダルをつけけて、DSPをケチって安くしたという感じか。
多分6万くらいだと思うので、これは売れるんじゃないだろうか。
ただ、結構デカイんだよね。
ペダルもフットスイッチも要らないので、従来のソラマメタイプの廉価版の方が良いのだが。

実は微妙な立ち位置になったHX Stompが値下げを期待してるんだけど。


アンプシミュレータなら、最強のIRデータローダーになるコイツも良いんだよ。


物欲に塗れつつ、実際はメルカリで中華激安エフェクタ検索で紛らわす私でした。

三体

激安エフェクタ市場は、中華メーカーが席巻している状況ですね。
今、注目しているのは、Muslady NUX NSS-3(左)です。
NUX NSS-5 Solid Studio IR(右)から、キャビネットシミュレータを取出したモノ。

プリセットだけでなく、IRデータのロードまでできるんだけど、これ、大丈夫か?
もはや詐欺を疑うレベルの値段設定なんだけど。
もし人柱になってやると言う勇者の方がいたら、結果教えて下さい。
私は怖くてポチれません。

さて、もう一つ中華勢力が急激に台頭しているジャンルがあるんです。
そうです、SFです。SF小説ですよ。
多分2019年度の海外部門ベストSFを総ナメするであろう作品が、劉慈欣の”三体”です。

アジア勢というか、翻訳もので初のヒューゴー賞受賞です。
オバマ前大統領やFacebookのマークザッカーバーグが大ファンだとか、
鳴り物入りで昨年翻訳本が発刊され、日本でも話題の作品です。
遅ればせながら私も読んでみました。

メチャメチャ面白いです。
所謂ファーストコンタクトものになるのかな。
リーダビリティが高くて、基本良質なエンターテイメントです。
数学上の三体問題を題材にしたゲームソフトが出てくるんだけど
この描写が面白いんだよね。
ちなみにこの作品は三部作の一作目なので、今から続編の翻訳が待ちどうしいです。
SFジャンルに抵抗がなければオススメです。
是非一読ください。

中華ジャズってどうなんだろ。
有名ギタリストとかいるのかしら。

'19 今年買って良かったモノ "ハードウェア”

またまた師走です。
一体、どうしてこうなるんだ。早すぎだろ。

と、嘆くのも恒例の物欲の纏めをやりましょう。。

まずは待ち続けたiPad miniの新モデルです。

昨年から始まった電車通勤のお供のつもりだったんだけど、
満員電車の中で使うには、ちょっとデカイ。
逆に仕事場で持ち歩くには最適のサイズ。
Apple Pencilも購入して、メモ帳アプリを使っています。
コレまでは、方眼紙にフリクションボールでタイミングチャートを描いていました。
アプリの方眼紙+Apple Pencilなら、描く、消す、色まで自由自在。
このサイズなら楽譜Viewerとしても使えるんで、ベストバイ認定です。

もう一つは中華激安エフェクタです
可変入力インピータンスの実験素体用に買ったのが最初。

コレが面白くて、この後色々買ってしまいました。

特に、JOYO R-03 UZIはハードディストーションとしてすごく良い音です。
アホみたいに歪ませて弾くなら、もう脳内麻薬出まくりです。

ということで、今年の買って良かったベストはコレです。


Xotic EP BoosterのコピーのXP Boosterです。
とにかく、ONするだけで音が甘く、太い極上のジャズトーンになる。
元々、本家を使うジャズギター弾きも多かったと思うのですが、
なにせ、値段がそれなりにするのですよ。
これを3千円しない金額で手に入るのだものなぁ。
マスターボリューム改造して、常時掛けっぱなしです。

激安ブースタ改造その2 XP Booster編

無条件でオススメなのです。是非是非お試し下さい。

これで今年の物欲も総決算できました。
と思ったら、昨日、ブラックマンデーに激安購入したコレを試したのですよ。


所謂、部屋の音場特性補正ソフトなのですが、もう圧倒的なクオリティ。
九回裏逆転大ホームランでベスト1かもしれません。
コレは後日改めてレポートしたい。

因みに、ブラックマンデー価格の在庫が僅かながら残っているようなので、
興味がある人は、早めにチェックしてみてください。

ちょっと早いですが、
メリークリスマス

物欲に感謝しつつ、年末までもう一がんばりです。

BlueChip Pick 偽造

本来は指弾き(と言うか、爪弾き)なんだけど、久し振りにピックの練習を再開してる。
一枚数百円と言う気楽さから、適当にピックを見繕って買うんだけど、
使ってみると微妙に音色や、弾き心地が違って面白い。

JonathanのPick

先日、Hristo VitchevがFacebookで紹介していたPickが良さげだったので
早速購入してみました。
beveled pick - 1

Dunlop Primetone Sculpted Plectra Standardというピックで、
件の超高級ピックBlueChip PickDunlop版という感じかな。
本家は5千円なんて値段らしいけど、こちらは3枚千円という良心的な値段。

BlueChip Pickは、使い込んだPickの削れ具合を再現して、
最初から馴染む弾き心地を売りにしてるんだと思うんだ。
Dunlopのコイツも所謂プロペラエッジになっていて、
その辺りはしっかりコピーされてる。
確かに弾いてみると、ウルティム系の素材特有の粘りがあって良い感じ。
特に1.3mmという厚さが僕には丁度良い。

ただ、何かちょっと違和感あるんだよなぁと思い、
自分の使い古したピック(PickBoyマリファナピック)の削れ具合を観察してみた。
beveled pick - 2

写真だと判り難いかもしれないけど、
僕のピックが左側が削れているのに、Dunlopは右側。
良く考えると、僕は逆アングルのピッキングだから削れるサイドも逆なんだよね。

本家のBlueChip PickのWebのFAQSをみると、右利き、左利き用のピックがあって、
プロペラエッジ処理のサイドを選べるみたい。
Dunlopに問い合わせたら、残念ながら左側処理のモデルは無いんだって。

ならば作りましょう。
ということでDunlopの同じウルティム系のピックの左側を削ってみました。
beveled pick - 3

弾き心地はそれほど変わらなかったのですが、
ウルティム系特有のペチペチとしたアタックが緩和されて、ウォームな感じです。

まぁ、お大尽の方は本家を買って頂くことにして、庶民な私はこれで行きます。
やってみようという方は、ヤスリは爪用がお勧めです。
粗目から仕上げまで揃ってるのが100均で買えます。
(同居人のを使うと多分すごーく怒られるので止めた方が、、)

勿論、順アングルの方はこちらがお勧めです。


 | HOME |  »

//-->
Powered by : Designed by ch*nu