FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2006/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

テープエコーの修理(2)



テープエコー修理の続きです。
一応、なんとか動作はするようになったものの、ワウフラッタがひどいし、
音もトロい。それより何より、5分くらいするとキャプスタンを駆動している
ベルトが外れてしまうのだ。
そりゃ、しょうがないんだよね。だって、駆動ベルトは

輪ゴムですから。

とはいえ、なんとかしなきゃな、ということで
100円ショップで、適当な平輪ゴムを見繕って、とっかえひっかえ
試しました。
モーター側の軸は、実は太鼓の用な形 "( )" になっていて
丁度ベルトに外れないようなテンションが掛かるようになっているのだが、
平ゴムの幅や高さが合わないと、逆に外れる方向に力が掛かってしまうのだ。

大体、丁度良い平ゴムの当たりを付けた後は、モーターの取り付け位置の
微調整を行った。軸の高さが合うようにワッシャを何枚か噛ませたり、
ゴムに掛かるテンションを見ながら、なんとか良い位置を見つけて、
取り敢えず外れないようになった。

そんなことをしながら、テープ自体も新しいものに交換した。
といっても、交換用テープなんか売っているわけないので、
近くのジャンクショップで昔のオープンリール用のテープを
買ってきた。
カッターでテープの幅を合わせるように切って、
スコッチテープで両端を張り合わせ、エンドレステープにした。
昔は、こういう編集用の道具なんかも、売っていたのだが
無いものはしょうがない。
記録バイアスや再生イコライザの定数が合っているのか判らないが
少しマシになった、様な気がしないでもない。

こんな感じで一応修理完了。
最後迄、ワウフラッタは取り切れなかったけど、
その分、柔らかいビブラートが掛かっていて、面白いです。

次は、真空管式のテープエコー修理が残ってるんだけど、
真空管は、よく知らないからなぁ、、どうしよう。

関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu