FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2008/03 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

PRS SE Semi-Hollow 改造 その後

PRS SE Semi-Hollow改造してから1ヶ月程度経って、
自宅練習だけでなく、リハやライブで実際に使う機会もあったので、
少しその後の印象をまとめてみることにする。

まず何といっても交換した57classicピックアップだが、
音がかなり固いのだ。ハイが強調されるというのではなく
アタックがキツい感じだ。
最初、どうも慣れなくて四苦八苦したのだが、この頃
やっと使いこなせるようになってきた。
結局、少しトーンを絞るのがいい感じ。
これ迄は、トーンを絞るとコモる感じで敬遠していたのだが、
57Classicはアタックが十分出ているので、ウォームで
それでいて輪郭のはっきりした非常にいい感じである。
このニュアンスは他のPAF系のピックアップでは出ないと思う。

それから、以前の記事では書かなかったのだが、PRS SE
Volume Potにハイパスのコンデンサが付いている。
これにより、ミックスポジションでVolumeを絞ると
ハイが強調され、アコギのピエゾ出力のような音になる。
PRS SE Semi-Hollowの公式プロモビデオでも使っている音だ)
これはアコギの代用にもなる非常に魅力的な音なのだが、
個人的には、Volumeを絞ったときに、少しハイ落ちして
おとなしくなる音をよく使っているので、今回の改造に伴って
このコンデンサは除去した。

あと、ナットなのだが011ゲージ用に溝を広げたのだが
まだ、少し引っかかりが残っているようだ。
SEのナットは少し粘性のある素材で、ナット自体に
潤滑作用が有るもののようで、少々引っかかっても何とかなるのだが
やはり気持ちが悪いので、いずれキチンとリペアしたい。

最後に、付属のギグバックはものすごく良くできている。

ただ、この"SE"のロゴは、、どうにかならんものか、、

でも好きよ。SE



関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu