FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2008/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ジャンクなギターを修理してみた。

セッションでお世話になっている地元のお店に、気になるギターが置いてあった。
謎のブランドのストラトで、色々話を話を訊いてみると、オークションで買った
商品にオマケとして付けてくれたものらしい。
ただ、音が鳴らない状態なので、単なるオブジェと化している。

弄って遊びたい。

ということで、修理と言う名目で拉致してきました。



Beyondというロゴがはいっています。
音を出してみると、ガサゴソした接触不良系のノイズはあるものの、
一応ピックアップは生きているようです。
ま、よく判らんので、早速開腹です。

おー、派手にザグッてるなー。弁当箱ザグリは安ギターの定番ですが
ここ迄ザグルのもすごいな。でも、
セミアコテイストになってわるくはないんですけどね、、って 

”ん?”


フルアコでした。

ザグリというレベルではなく、くりぬいたストラト形状枠に、
上下から板を貼付けた感じです。よく、弦の張力に耐えてるなぁ。
なにはともあれ、電気系のパーツを外して、無水アルコールの
お風呂に入れて洗浄します。

接点復活剤は、ちゃんとしたのを使わないと、
ゴミが付着し易くなってもっとひどいことになるので、
無水アルコール洗浄が一番良いのだ。
汚れが浮き出すのを待っている間に、ヤニで汚れたボディをゴシゴシ磨きます。

すると、更に、驚愕の事実が、、


段ボールでした。
ま、繊維を固めた建材みたいなものを使っているのでしょうが、
驚きました。よく見ると、塗装もサンバーストっぽいけど、木目が全く見えない
塗りつぶしなんだよね。そりゃ、段ボールじゃ木目は出ないです。

結局スイッチの片回路が死んでいるので、通常のストラトトーン配線が出来ません。
しようがないから、マスタートーン+ピックアップブレンドの配線にして
組上げました。



すこし、接点不良は残りましたが、ひどいノイズとかは無くなったので
これをもって行くことにします。

なかなか勉強になりました。店長、待っててね。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu