FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2009/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

東京ハンドクラフトギターフェス2009

先週末は都内に用事があったので、その序でと言うか、
こっちが本命と言うか、なにはともあれ毎年楽しみにしている
東京ハンドクラフトギターフェスに行ってきた。

年毎に規模が大きくなっているような感じだし、
一般的なギターメーカーや、クラフト系専門学校の参加が目立つようになってきた。
それは、それで楽しいのだが、昔のアマチュア製作者の大集会みたいな
雰囲気が懐かしいとも思うのだ。

出展されているギターはどれもハイクオリティで、
所謂アマチュア的な緩さは全くない。

ただ、去年も思ったのだが、企業では出来ない破天荒なアイディアや
デザインが少ないのがちょっと残念でした。

ジャズギター的な視点から良かったのは、
Eastmanの新製品として展示してあったコレ。



個人的にはこれまでのEastmanのギターは、演奏性、音のどれも自分に合わない
感じで敬遠してきたのだ。何というか、過分にアコースティック過ぎる印象でした。
今回の新製品は、とにかく弾き易く、デザインも面白い。
音は、展示会なのできちんとチェックできた訳ではないが、
割とオーソドックスな音でした。

個人製作家の方の作品で面白かったのは、Blue Stringsさん製作の
カッタウエイが印象的な2モデル。



ここまでカッタウエイが深いと、演奏的には随分楽。
デザイン的には左のベネチアンカッタウエイの方が好みなのだが、
製作者の方は、右が改良型なのでお勧めとのこと。

音は、ベネチアンのほうが高域が少し暴れ気味で、下が少し足りないかも知れない。
フローレンタインは全域にバランスが取れている感じ。
ただ、今回の見学者にはあまりカッタウエイの深さはアピールしなかったようで、

”こんなハイポジションは使わないよ”

と言われたと残念がっていました。

”いや、使いますよ。”

と言ってキャッシュで購入となれはカッコいいのだが、、、
給付金で買えれば良いのだけど、ねぇ、、

来年も観に行くのだ。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu