FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2010/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Kurt Rosenwinkelになりたい (Kurt式デイリートレーニング)

たまには練習ネタも書いてみる。
先日のKurt Rosenwinkelの来日Liveはやっぱり凄くて、
Kurtになりたいという気持ちが、沸々と湧いてくるのだ。

まぁ、ミーハー的にスタイルを追いかけることができると言うのは
ある意味、アマチュアの特権な訳で、コピーは楽しいのだ。
というか、本当にそっくりになれるのであれば、
なけなしのオリジナリティなんて全て捨てても良いのだ。

と言うことで、あの帽子が欲しい。
(コピーってそこかよっ!というツッコミは無しだ。)

実は、随分昔のKurtのセミナーの(隠し撮り?)音源と言うのが
何故か手元に有りまして、ちょっと聴いてみたら、
変わった練習をしていたので、紹介してみる。
ただ、ものすごーく劣悪な音質で、且つ僕の英語力だから、
あまり当てにならないけどね。

先ず、ギター音域全体にわたるスケール練習。
スケール自体は、単なるメジャースケールなのだが
4音単位でどんどんキーを変えていく。
転調は、所謂Giant Stepsの長3度転調の3Tonicシステムに準じて
更に3Tonicを4グループ移動していくことで、全12keyを網羅するもの。

ちょっと判り難いので、具体的にどう転調するかというと
(以降、フォントの関係上#だけ使うのでそのつもりでね)

(F->C#->A) -> (C->G#-E) -> (D#->B->G) -> (A#->F#->D)

このパターンを繰り返す。何故、Aの次がCなのか?(E->D#,G->A#も同様)
そこは判らないのだが、Kurtはこう転調してた。

実際の音は先ず6弦1フレットのFから始める。
Key=Fのメジャースケールで4音上昇していくので

F->G->A->A#

で次はKey=C#なので、C#メジャースケールでA#に一番近い音はCだからそこから4音。

C->C#->D#->F

で次はKey=Aなので、AメジャースケールでFに一番近い音はF#だからそこから4音。

F#->G#->A->B

こんな感じで先の転調パターンに従って音を繋げていくと

F->G->A->A#->C->C#->D#->F->F#->G#->A->B->
C->D->E->F->G->G#->A#->C->C#->D#->E->F#->
G->G#->A#->C->
C#(これで1弦21フレット。ここから下降へ)->B->A#->G#->
G->F#->E->D->C->A#->A->G->F#->F->D#->C#->
B->A->G->F# (これで1周したのでKeyFに戻って更に続ける)
F->E->D->C->A#->G#->F#->F->.......

順に音を追っていくと判ると思う。

これがどう役立つのかは判らないけど、少なくとも指板上の音の把握が
出来てないと、ある程度のスピードで4音単位の転調についていくのは難しい。

確かに、Kurtの曲は細かいコードチェンジが多いので、
こういう事前準備が必要なのかな。

次に、全く同じ考え方で、アルペジオの練習もやっていたのだが
これは、次回に。

ふー。今日は真面目だな。うん。

あ、カート式と、チャート式でボケるネタ書くの忘れてた。
ま、チャート式なんて受験参考書ネタ、どうせオヤジネタだからいいや。

関連記事
Kurt Rosenwinkelになりたい(Kurt式デイリートレーニングその2)
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu