FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2010/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Kurt Rosenwinkelになりたい(Kurt式デイリートレーニングその2)

昨日はご近所のtitoさんのG.Duoライブを観に行った。
楽しそうにスタンダードを弾いていて、僕もG.Duo演りたくなったなぁ。
最後は、知り合いの飛び入り大会になって、僕もちょっとだけ弾かせてもらいました。

今年は(というか毎年言ってるんだけど、、)演奏の機会を増やしたい。
それにはやっぱり練習です。

ということで、Kurt式デイリートレーニングの続きです。
前回は長3度転調の3Tonicシステムに準じてのスケール練習だったが、同じパターンで
アルペジオの練習をやっていた。

転調のパターンをもう一度書いておく。(今回も#しか使わないのでよろしく)

(F->C#->A) -> (C->G#-E) -> (D#->B->G) -> (A#->F#->D)

で、このパターンに沿って各Keyのダイアトニックコードのアルペジオ
一つのKeyに対して2つずつ順に弾いていく。
具体的に言うと、まずKey=Fで6弦1フレットのFをルートにするFM7(IM7)から始める。
その次がGm7(IIm7)でKey=Fは終わり。
アルペジオ自体は
FM7: F->A->C->E(4弦2フレット) (上昇系)
Gm7: F(4弦3フレット)->D->A#->G(6弦3フレット) (下降系)
という感じで弾いていました。

次はKey=C#に行くのですが、Gに一番近いルートを持つKey=C#のダイアトニックコードは
G#7(V7)で、次がA#m7(VIm7)となるので、それを上昇系、下降系で弾く。
次はKey=Aで、これも同じようにA#に一番近いルートのダイアトニックコードを
2つ(Bm7-C#m7)選んで前半を上昇系、後半を下降系で弾く。

以下に、コードの流れだけ書いておく。

FM7->Gm7->G#7->A#m7->Bm7->C#m7->
Dm7->Em7->Fm7->Gm7(b5)->G#m7->AM7->
A#7->Cm7->C#m7->D#m7->Em7->F#m7(b5)->
Gm7->Am7(b5)->A#m7->BM7->C#m7(b5)->DM7-> これで一周
ここで、最高音が1弦21フレットのC#まで行ったので、
これからは、ルートは下降方向で一番近い音を探していく。
C7->A#M7->G#7->F#M7->....

またまた強力なパターンなのだが、やっぱりスケール練習と同様、
単に運指のトレーングとしてやるんじゃなくて、転調への機敏な対応という
観点で練習すべきなのだろう。

因に、同様のアイディア(あるパターンをどんどん転調しながらよどみなく繋げる)を、
ペンタトニックスケールでもやっている映像がこれだ。


アルペジオの方は、実際にDeep SongのBrooklyn Sometimesで演っているので
参考にどうぞ。
Deep SongDeep Song
(2005/03/01)
Kurt Rosenwinkel

商品詳細を見る


えーと、彼の帽子の情報も引き続き募集してますんで、
そちらもよろしく。

関連記事
Kurt Rosenwinkelになりたい (Kurt式デイリートレーニング)
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu