FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2010/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

eneloop music boosterを使ってみた

つい先日、Panasonicの完全子会社化が発表されたSANYOだが、
買収動機の一つとされている充電池事業がある。所謂eneloopだ。

eneloopは自然放電が凄く少ない(2年経過しても80%残存している)充電池なので、
充電済みの状態で販売できるところがHitした原因だと思う。

僕もエフェクタ用に使ってみたいと思っていたのだが、
充電池はその特性上、普通の乾電池に比較して電圧が低いという問題が有るのだ。
(乾電池が1.5Vに対して充電池は1.2V)
電圧にあまりシビアでない機器に対しては、電圧降下が少ない分、長時間使用ができるのだが、
エフェクタみたいに、電圧が下がると歪んでしまったり、全く動かないものには使えない。
特に、例の角形006pの9V電池は、あれは中で小さい1.5V電池を6個積層した構造なんで、
これを充電池で作ると、1.2x6=7.2Vになり、さすがに使えない。
ただ、一般の006p充電池は7個積層で8.4Vが多いが、これでもちょっと電圧が低い。

(実は、海外製品には8個積層で9.6Vにしているものもあり、これは結構狙い目だが、
 ちょっと怖い気もする。こことか
 
ということで色々問題が有った充電池のエフェクタ動作なのだが、
eneloopからエフェクタ用の電源供給用の製品が出たのだ。

eneloop music booster
eneloop3.jpg


機会があって、モニターできることになったので、実際に使ってみました。
一応、このリンク先でモニター記事や動画を載せてるので参考にしてみてください。

eneloop music boosterのレビューと評価: ライブでのエフェクタ電源供給の新定番になるか!?

詳しくはリンク先を見てもらうとして、全体としては結構いいかなという印象。
実は9VにするためにDC-DCコンバータで昇圧しているので、
その発振ノイズがどのくらい影響するかなと思ったんだけど、
適当にスペクトルを取った限りは、乾電池と同じ程度のノイズレベル。

デジタル系x2 アナログ系x2くらいなら多分10時間くらいは持ちそうだし、
演奏場所の電源環境は劣悪なことが多いので、ノイズフィルタを
ガシガシ入れたACアダプタよりは、色々な意味で楽かもしれない。
実は防水加工なんで、ま、水没はダメだろうけど、野外の小雨くらいなら
多分大丈夫なのも高ポイント。

ただ、リンク先で比較しているACアダプタは、悪名高きZoomのACアダプタなんで
普通のACアダプタはあそこまでハムが酷くはない。
電源ノイズ1 電源ノイズ2

左がeneloopで右がZoomアダプタ。(このうねりがハムノイズ)

それほど高くないし、ボードを組むときは検討しても良いかもです。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu