FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2010/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ウクレレキット製作中 -7 "バーフリング”編

このBlogを読んでいる人がいるとして、多分皆忘れている記事がある。
それは、ウクレレキット製作シリーズだ。
(左のCATEGORIESのウクレレを参照してみてね。)

忘れているというか、挫折して放り出したと想像し、
触れてはいけない過去になっていると思ってるだろう。
まぁね、確かに一度は放り出そうとしたんだけどね、、、
実は続いていたのだよ。
このところ、マイミクのtakaRさんがフルスクラッチウクレレ製作を始めていて、
僕のウクレレキット製作も一応、記事として纏めようと思ったのだ。

ということで前回はウクレレキット製作中 -6 "まずは貝(隗)より始めよ”編で、
もらったアワビをバーフリング用に薄ーく削ったところまでだった。(2年前だ。びっくり)

バーフリングというのはサウンドホールの周りの装飾で、
HOSCOのキットだと白黒のプラスチック板を互い違いに5層にして
埋め込むことになっている。このうちの外周の黒だけ残して
残りを貝で埋め込むことにする。
もちろん貝を1ピースのでかいリングに切り出すのは不可能なので
細かい弧状のパーツを一つずつインレイ用の糸鋸で切り出し、
ヤスリで整形して埋め込んでいくという、メチャメチャ根気のいる作業なのだ。

こんな感じだ。なんか修行みたいだ。
ukulele41.jpguke13.jpg

タイトボンドをつけて一つ一つ埋め込んで、一周させて出来上がり。
少し隙間とかあるんだけど、意外に目立たない(ということにする。)

この後、はみ出た黒プラスチックと貝を、表板と面一になるまで削ってできあがり。
無理してはめ込むと、変な力がかかり全ての貝が溝から外れるという茫然自失な状況になり、
”あー、俺の人生いつもこんなの”
となること請け合い。
uke14.jpg

上ができあがりだ。結構良いでしょ。
注意点としては、貝の削る粉は有害なので、マスクをしながらやること。
勿論、金のある人は専用のインレイ加工済み貝パーツがあるので
そちらを買うこと。

ぜったいその方が良い。貝は食べたほうがずっと良い。

続きます。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu