FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2012/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Audacityノススメ

先日、次世代DAWソフトの定番と目されるStudio ONE 2の廉価版である、
Artistバージョンを999円で買いました。(90%引き!)

嬉しかったです。

先日、Studio ONE 2のFreeバージョンが出ました。
MTR的に録音するなら、もう十分です。

悲しかったです。

と、いうことで、相変わらず涙をこらえきれない私です。
大体簡単にギターを録音したり、ステレオミックスを編集したりするだけなら、
Audacityという超強力な録音、編集ソフトがFreeであるのでした。
Blogに載せる音源はコレで録っているし、PCMレコーダの録音データ編集にはもうコレ一択。
Audacityが久しぶりにメジャーアップデート(2.0!!)したこともあり、
今回はコイツでPCMレコーダの音源を編集する手順を題材に紹介してみる。

因にAudacityのお勧め理由をまとめると、
1. Free !! (元から只なら値下げで泣かずに済むし、、)
2. クロスプラットフォーム(今回はMac版で説明しますが、LinuxだってOKだぞ)
3. 豊富な機能と、拡張性(なんといってもVSTやAUのプラグインが使えるのが大きい)

特に、MACだとバンドルされているGarage BandのAUプラグインがあるので、
最初から結構な数のプラグインが使えます。

それじゃまずはインストールです。
MAC版,Windows版
ココからインストーラをダウンロードして、手順通りやれば問題無いでしょう。
LADSPA プラグインや、LAME MP3 エンコーダー(mp3での読み書きに必須)
FFmpeg系(AACでの読み書き等)も、忘れずにダウンロードしてインストールしておく。
MP3のエンコーダはインストールが何処にされたかメモっておく。
後で、Audacityからエンコーダの場所を訊かれるからね。

さてさてインストールしたら起動して、Preferencesからライブラリを選択します。
MP3,FFmpegのインストールがちゃんとできていれば、自動的に設定されているはずです。
(設定されていないときは、メモした場所を指定してあげて下さい)
これで大抵のファイルは読書きできるので、PCMレコーダの録音ファイルを開いてみましょう。

--- PCM Recorder TIPS ! ----------------
因に、PCMレコーダの設定は、なるべくbit数が大きく、録音レベルは小さくです。
24bit録音なら、たとえレベルが半分までしか振れなくても、1bit損するだけです。
(実際には回路系のノイズがバカにならないんで、24bit中の数bitはノイズで消費されるけど)
16bit録音で、ダイナミックレンジを稼ぐためにギリギリの録音レベルにして、
レベルオーバー、歪みまくりでは救い様が有りません。
勿論、レベル調整がきちんとできて、ギリギリ歪まないところを確実に狙えるなら、
それが一番なんだけど、ライブ録音なんか一発勝負でしょう?
それなら、安全策でレベルを落として確実に歪まないようにしましょう。
(A/Dだけじゃなく、初段のマイクアンプで歪まないように、マイクゲインも低め推奨)
---------------------------------------

開くと波形を凝縮した形のエンベロープが表示されるはず。
必要な範囲を選択して、"エフェクト"から正規化を選択します。
これで、歪まないギリギリまで音量を上げることができます。
もし可能なら、BrickWall系のLimiterを掛けると、ドラムとかのピークを
潰して更に音圧を稼げます。

因に僕が使っているBrickWall Limiterはこれ
メチャメチャ使い易い。PCMレコーダ持ちなら必携です。


更に軽くリバーブでも掛ければ完璧です。
リバーブはGarageBandのAUMatrixReverbが結構使い易いです。
(ステレオトラック専用なのが残念だけど)
これで、MP3なり、AACなりで書き出せばファイルも小さくなって扱い易くなります。

駆け足で紹介しましたが、これ以外でもFFTでのスペクトラム表示や
マルチトラックレコーディング等、Freeとは思えないほどの多機能。

本当にお勧めです。

値下げで泣くことも無いしね(しつこい)
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu