FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2012/07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

DACを作ろう その3 ”コンデンサ交換の意味"

中華DAC(DN-68854)には当然中華ケミコンが実装されている訳で、
これがまた直ぐ容量抜けするし、挙げ句の果てには電解液お漏らしで基板ごとバー。
ということで、今回中華ケミコンは全部交換しました。

音響機器の改造関連を検索すると、コンデンサ交換のネタが凄く多い。
特に電源のデカップリングコンデンサは、とんでもない数のコンデンサを並列に繋いで
超大容量化してたりとか、ま、ネタとしては面白いけどね。
ただ、デジタル系の場合、大容量なケミコンより周波数特性の良いセラコンをICの電源ピン直近で
接続した方が良い。(電源の根元はある程度の容量が必要だけどね。)
でかいコンデンサを無理矢理繋げるために、リード線が伸びてL分が増え本末転倒です。

大体、電源投入時に時定数を持たせてリセット信号を作っている場合、
あまり大容量なコンデンサだと、リセット信号が意図した曲線で立ち上がらないなんてこともある。

今回は、電源SWのところに220uFを追加したのと、
基板の電源大元のC30を100uFから220uFに交換した以外は全て同じ値のコンデンサにしました。
種類も特に低ESRではない一般的な日本製コンデンサです。
この辺りは好きに選んでも良いけど、むやみに低ESR品だとレギュレータが発振したりするんで、
無茶な超低ESR品は止めといた方が無難。どうせ音もねぇ、、
(それより並列でチップ積セラをパラったほうが良いと思うが、
 これもまた積セラのESRを考えないといけないから結構大変かなぁ。)

で、基板はこんな風になりました。
DAC改造4

一応006Pでも動作させるつもりなんで、耐圧は最低でも16Vにします。
(3.3Vのレギュレータの最大入力電圧が12Vなんで、ここが電源電圧の上限。
尤も、最大電圧をそのまま使うことは無いので、7V位の電源電圧があれば十分なんだけどね。)

カップリングコンデンサのケミコンは、前記事のC21,27の4.7uFバイポーラだけ。
こちらは評価ボードは3.3uFなんだけど、少し低域を通したいので若干量アップしました。
4.7uFでも10Hzくらいは通りますが、もっと下に余裕が欲しければ10uFでも良いかな。
でも、CS4344の出力段があまり分からないし、電源投入時に若干の直流が出るみたいなんで、
ここも、むやみな大容量化は止めた方が無難な気がします。

大体、雑誌付録の8cmスピーカーで低域の再生なんてねぇ、、

さて今回はここまで。
電解コンデンサの交換は簡単だけど、一応きちんと設計すべき点もある訳です。

次は前面パネル関連をやってみましょう。

何とまじめな記事なんでしょう。うふふ。やれば出来る子なんです。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu