FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2012/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Archtop Tribute AT-130のパーツ交換

Achtop TributeAT-130を使い始めてからそろそろ一年になります。
5月に帰省したときに、ABE GUITARSさんにナット溝調整をお願いして以来、
凄く好調でこればかり使っています。

ただ、ABE GUITARSさんに012ゲージ向けに調整してもらったとき、
今のブリッジだと低音弦側のオクターブピッチの調整幅が足りないと言われました。
元々のブリッジは所謂ABRタイプというビンテージ系の幅狭なもので、
しかも低音弦側のサドルの向きが逆なんで、012ゲージだとギリギリオクターブピッチが合わない。
P5130005.jpg
ギブソンのABRだととネジを回し続ければサドルは外れるんで、逆向きに装着すれば良い。
ところが、AT-130のGE104B(GOTOH)はネジとナットが接着されていて、外すのはかなり難しい。
ちゃんとしたボックスレンチ(2mmかな)でナットを固定しないと無理。

えーと、適当にペンチで固定して回していたら、ナットをナメてしまいました。
何というか、お約束な結末です。

ということで、この際幅広なナッシュビルタイプに交換することにしました。
ギブソン純正だと、ABRとナッシュビルタイプは互換性が無いんだけど、
さすがGOTOHです。交換可能なぴったりサイズ。

さらに、恒例の金なら円で払ってやるシリーズで、
勢いの物欲により、ペグもロックタイプを追加購入です。
オリジナルのペグはツマミが白い小さいものですが、小さ過ぎて回し難いし、
やっぱりギブソン系ならこれでしょう。

こちらは、ブッシュの径が若干違うんで、交換が必要です。
付属のブッシュ外し用のポンチがあれば簡単ですが、
無ければマイナスドライバとプラスチックハンマー等でゆっくり外して下さい。
(安売りのバルク品を買ったんで、ちょっと苦労しました。)

これでチューニングはバッチリです。
AT130_revise1.jpg AT130_revise2.jpg

やっぱりロックタイプは弦交換が楽です。
一度使うと元のタイプには戻れません。ブリッジもオクターブピッチがピッタリ合います。
それにしても、本当にこのギター、イントネーションが良好です。
此処までオクターブピッチが合わせ易いギターも珍しい。
AT130_revise3.jpg

後は、演奏するだけ。さ、練習、練習。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu