FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2013/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Maria Schneider Orchestra at Blue Note, Dec. 19 2013

昨年の初来日公演は、終電の時間に迫られ、痛恨の途中退席。
一年間の消化不良を払拭すべく、観て参りました。

Maria Schneider Orchestra at Blue Note, Dec. 19 2013
MariaSchneider_1.jpgMariaSchneider_2.jpg

ご近所の友人が車で観に行くということで、帰りを確保。
(偉そうに言ってますが厚意に甘えただけです。Hさん、有り難うございます。)
万全の体制で望んだ12/19 2nd Setですが、18時過ぎに並んでも整理券は25番。
マリアさまは今年も大人気です。

セットリストはこんな感じ。
1. Evanescence
2. Gumba Blue
3. Lembrança
4. Green Piece
5. A Potter's Song
6. Hang Gliding
Encore : Walking By Flashlight

1時間強の至福。

6-5(3-3-3-2?)拍子のHang GlidingのDonny McCaslinのソロで
不覚にも涙が出そうになりました。

終演後のロビーで彼に握手してもらいましが、ニコニコしてすごく気さくな雰囲気でした。
そういえば、Gumba BlueでマルチリードのScott RobinsonのTreble Tuba(!?)ソロの際、
マイク位置を合わせるために、ずっとマイクスタンドを手持ちしてあげてました。

Lembrançaでは、Perc.の小川慶太さんがGuest参加。
開演前のロビーでSaxの八巻綾一さんに合った時、"友人のperc.がGuest参加するんだ”と
聞いていたので楽しみにしてましたが、カッコ良かったです。

今年の夏に亡くなったLaurie Frinkに捧げた"A Potter's Song"はとても美しい曲でしたし、
前回、若干戸惑いを感じたLage LundもGumba Blueですごく良いソロが聴けました。

全曲、全パート、全てが素晴らしい。
マリアさま。来年また来て下さい。
お布施を持って聴きに行きます。

(ホントは、Ben Monder様が観たいの。Wyrglyの奇蹟をもう一度。お願いマリアさま。)


必殺のHang Glidingはこちらに収録です。

関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu