FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Pickup雑感 Humbacker編

仕事柄電気系を弄ることは抵抗がないので、これまで結構な数のPickupを試してみた。
Pickupは試奏ができないから、結局のところ博打に近い選択となるんだけど、
当たりを掴んだ時は、これがまた格別の嬉しさなんだ。

今回、実家から持ち帰ったTokai レスポールをリストアする中で、
交換用Pickupを色々物色したことも含め、これまでの印象を備忘録的に纏めてみる。
雑誌なんかでピックアップの試奏記事なんかも良くあるけど、
大体、歪ませること前提の内容が多いので、Jazz向きの選択が難しいんだよね。
ということで、Humbackerのクリーントーン中心で印象を書いてみる。

1) Duncan SH-1
Gibson PAF系コピーの定番中の定番。
アタックの”カッ、キッ、クッ"に、僅かに”シャ、スィ、シェ”という擦れるが混じる感じ。
(いや、すまん分かりにくいか。)
ストラトのハーフトーンに近いというか、若干のフェイズアウトニュアンスがJimmy Pageぽい。
低ポジションでチョーキングすると、”そうそうコレが欲しかったんすよ”っていう感じだ。
今回、レスポールに載せてみて、良さを再確認した。
値段も安いし、迷ったらこれがオススメです。

2) Gibson '57 Classic
ギブソンの箱物は基本コレが載ってるんで、Jazz Guitar弾きには一番親しみがあるのかも。
アタックが結構強いというか、癖がある。
”カッ、キッ、クッ"が、”キャッ、キィッ、キュッ"になる感じに、ちょっと捩れる。
これで弾き手のニュアンスがよく反映されるんだよね。
カバードにすると少し大人しくなるんで、ジャズならカバードがオススメ。
張りと色気がある音色なんで、淡白なギターによく付けてました。
スタインバーガーとかね。


3) DiMarzio PAF Classic
DiMarzioが出した初めてのカバードハムバッカーだったと思う。
DiMarzioって、メタル系御用達のイメージ(ハイミッド盛盛のコーコーいう奴ね)があるんだけど、
これは丁度良い素直な音で、すごく使いやすかった。
アタックに癖がないのが特徴で、ビンテージ系というよりは、
現代モダン系のハイテクJazz Guitar向きかな。
残念なことに生産中止なのですが、実はAir Classicのカバード相当だという噂。
ということで、画像はAir Classicを貼っておきます。


*因みに権利関係の絡みで、米国メーカーでダブルクリーム配色のピックアップを販売できるのは
DiMarzioだけなんだよね。

次回は、パワードPAF系も含めてレビューしてみたい。
期待されていなくても、続くのだ。
関連記事

GWのお宝 Tokai LS-50 Les Paul Reborn その2

当時のTokaiは、ガロの日高氏が所有していた'58Les Paulを3D計測して製作していたらしく、
飛び抜けてコピー精度が高かったんだよね。
今回、パーツの代替品を探すときも、Gibson用のものと互換がとれているので楽なのでした。
パーツといえばGOTOHなんで、ペグ、ブリッジ、テールピースを発注。
普通、アーチトップタイプのエスカッションは底面がアーチ形状なんだけど、
'58Les Paulはフラットだったらしい。
流石Tokaiで、しっかりコピーしてたので、代替品もフラットタイプを購入。

アウトプットジャックもサビサビなんで、交換する。
僕はいつもステレオタイプを使っている。
モノラルだとグランドが面接点になり、すぐ接触不良になるので、
ステレオのリング側接点もグランドにして、点接点でも接続されるようにするのだ。
これ、結構効くのでオススメね。

で、最後に迷ったのがピックアップ。
フロントは、手持ちのPAF系定番のDuncan SH-1で決定だったんだけど、
リアをどうするか迷い、サウンドハウスで探索。
結局、Duncanの中で一番安かったSH-14にした。
SH-14って、SH-1のパワー注入版であるSH-5のマグネットをアルニコ5に変えたモノらしい。
つまり、パワー注入して、ビンテージ系に少し戻すという、なんだか優柔不断的なアレンジ。
リアはほとんど使わないし、ハズレでもいいやということで、サウンドハウス発注。

ハムバッカーはカバードタイプが好きなんで、これも発注。
但し、メッキなしのビンテージ仕様にしてみた(って、実は安かったからです)。

それでは、お待ちかね、花嫁の登場です。拍手でお迎え下さい。
LS-50 - 5LS-50 - 6
LS-50 - 7LS-50 - 8
LS-50 - 9

011ゲージの弦を張って、ジャラーンと鳴らしてビックリ。
バカ鳴りです。
持っているソリッドギターの中で一番生音がでかいです。
アンプからの音も、あーこれこれっていうレスポールの音。
フロントは少しフェイズアウトニュアンスの完全ビンテージPAF
リアは、ちょっとだけパワー注入されたPAF系で、
結構元気に歪みますが、ビンテージニュアンスが残っていて、これまた極上。

この頃は、こればかり弾いています。
結局、高校の時に買った5万のギターに戻るわけか。

ま、良いか。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu