FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

我が心の3大xxx

ギターマガジン今月号の”我が心の新3大ギタリスト”という特集が、
一部で盛り上がっているらしい。

高橋信博さんの連載が終了して以来、ギタマガを買っていないので
実際の記事は読んでいないんだけど、この手の個人ランキングって盛り上がるよね。
また3人というのは結構迷うんだけど、僕は二人までは決まってるんだ。
Jeff BeckとBuzzy Feitenだ。
二人は僕にとってのエニィタイム、オールタイムベストだ。

一応、ベスト盤を出しておくと、Beck様は泣く子も黙るBlow By Blow。
(その昔の邦題は”ギター殺人者の凱旋”だった。猫を避けて事故ったBeck様になんて邦題だ。)
でFeiten先生は、Niel Larsenとメデタく双頭クレジットとなった、
Larsen-Feiten Bandの1st。


で、残り一人が迷うというか、年代によって変わってきたんだよね。
高校生の頃なら、Steve Lukatherだったとおもう。
大学の頃は、渡辺香津美さんか、Allan Holdsworthかなぁ。
リーサラになって20年くらいはPat Methenyだった。

今は誰かなぁ。
Star of Jupiterが出た時は、Kurt Rosenwinkelに一生ついていきますと思ったんだけど、
Caipiがなぁ、、僕には合わなくてちょっと冷めてしまった感じだし。
NovaのCorrado Rustici様とかのJazz Rock系も挙げたいところなんだけど、
コピーしまくったかというと、聞き専だし。

大体、3大ナントカって選ぶとき、最後の1枠って難しいよね。
例えば、ギター弾き同士で呑むとき絶対盛り上がるお題に、
”ギターを3本だけ持てるなら何を選ぶ?”というのがある。

あまりリアルにな話になると面白くないので、こんな条件をつけてみる。
”今の自分のギターは全て売却して、予算は100万。”

こっちも難しい。
一本なら、多分、予算内で買える最高のES335だと思うのだが、なまじ3本選べるのが、、

58年モデルのレスポールヒストリックの中古。
P90の乗ったES175の中古。

あと一本。
アコギか、ストラトorテレキャスのシングルコイル?。
やっぱりセミアコも欲しいよね。
悩むのだよ。

”我が心の3大アイドル”なら簡単なんだ。
中森明菜に、木之内みどり、そして
夏目雅子、いや、つみきみほだって好きだったし、相本久美子も良かったし、

あれ、、





関連記事

夏のジャズギターライブ三昧 その2

夏の怒涛のジャズギタリスト来日の後半レポートです。

Kurt Rosenwinkel Trio 2nd Set Sep. 5 at Cotton Club Tokyo
2018SummerLive - 82018SummerLive - 9
MEMBER
Kurt Rosenwinkel (g), 須川崇志 (b), Mark Whitfield Jr.(ds)

1. Along Came Betty
2. Ease It
3. Goodbye Pork Pie Hat
4. Serenity
5. East Coast Love Affair
6. Dexterity

Gregory HutchinsonからMark Whitfield Jr.への変更がアナウンスされていましたが、
直前になって、ベースもDario Deiddaから須川さんに変更となり、
前回のDarioの演奏がとても良かったので、正直残念。

前回のトリオライブでは、Kurtの調子が今一だったので心配していましたが、

地球に落ちてきた男 Kurt Rosenwinkel Trio At Cotton Club

今回はだいぶ復調していました。おなじみの選曲でkurt節連発。
ギターアンプを使わないセッテイングに戻っていて、
個人的には音像がぼやけていて、あまり好きになれないんだよね。
音色もギターシンセっぽい加工音(エレハモ?)が多くて、
普通のギター+アンプでやってもらいたいんだけどなぁ。

Jochen Rueckert Quartet 2nd Set Sep. 9 at Cotton Club
2018SummerLive - 102018SummerLive - 11
MEMBER
Jochen Rueckert (ds), Mark Turner (sax), Mike Moreno (g), Orlando le Fleming (b)

1. Purring Excellence
2. 5-Hydroxytryptamine
3. Alloplasty
4. Eunice Park
5. Bess
6. The Itch
Encore Charm Offensive

ドイツ出身のドラマーJochen Rueckertの初リーダー来日。
彼のアルバムはコンテンポラリ系ギタリストが参加していて、毎回楽しみなんだよね。
今回はCharm Offensiveのメンバーで、勿論お目当はMike Morenoです。



リズムの縦の揃いというアンサンブル的な完成度は低いんだけど、
むこうでやっているセッションそのままの演奏という感じで、すごく面白かった。
Mike Morenoのサイドメン参加のライブって、あまり調子良い印象がなくて、
今回も右手と左手のシンクロ率が悪くて、ソロのフレーズが細切れになる感じ。
その分コードワークが圧巻。
単なるコードやアルペジオだけじゃなくて、複音の複雑なパターンで絡んでいく。
これは、ピアノいらないです。

空間系のエフェクトも多用しているだけど、異常に生っぽいというか
音像がクッキリとしていて、さすがマルキオーネということなんでしょうか。

これで、怒涛のギタリストライブも一段落。
いやぁ、皆さんカッコ良いです。

個人的には、Wolfgang Muthspielのバケモノ的技量が印象的でした。
あの人はちょっとレベルが違う気がします。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu