FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

'18 今年の一枚

いやはや何とも大晦日である。
今年は転勤があり、30年振り位に電車通勤に変わった。
始発に乗れるんで座ることはできるけど、通勤時間が増えてしまった。
その分、音楽を聴く時間は増えたんだけど、ギターの練習時間が取れない。

ま、リーサラの宿命なんで嘆いていてもしょうがないので、
今年の音楽関係の纏めをしてみましょう。

先ずはベストライブから。
転勤で都内に近くなった分、ライブは結構観たんだよね。
特に、夏のジャズギタリスト来日ラッシュは散財したけど楽しかった。

夏のジャズギターライブ三昧
夏のジャズギターライブ三昧 その2

Jonathan Kreisberg、Wolfgang Muthspiel、Kurt Rosenwinkel、Mike Moreno、
どれも素晴らしかった。
ギタリストとしてはWolfgang Muthspielがちょっと桁が違う凄さだったんだけど、
ライブとしては、Mike Morenoが参加したJochen Rueckertが面白かった。
本場のセッションそのままという雰囲気で、
Mike Morenoのサイドメンとして演奏をたっぷり楽しめました。
相変わらず神経質そうでしたが、、

ということで、今年のベストライブはJochen Rueckert Quartetにします。

それではベスト盤に行ってみます。
先ずは年明け早々のリリースで、早くもベスト盤か!という感じだったのが
All In My Mind / Dr. Lonnie Smith

勿論Jonathan Kreisberg目当てなんだけど、期待通りのカッコよさ。
何というか良い意味でわかりやすくカッコ良いのです。
ライブもすごく良くて、ちょっとだけ感動して泣いた。

これもよく聴いた。Where The River Gose / Wolfgang Muthspiel

ECM系の内省的な雰囲気なんだけど、多分ライブは絶対すごいはず。
一度このメンツでライブが観たい。Brian Bladeがスケジュールが合わなく、
Eric Harlandになったらしいけど、彼が良いのだよ。
意外にBrad Mehldauに合うんだね。

それでは今年のベスト盤です。
NY Standard / Ari Hoenig


GuitarはGilad Hekselman
まぁ、選曲がそれこそNY Standard。
抑制の効いたBaplicityが良いなぁ。
このアルバムを電車の中で聴くと、早く帰ってコピーしたいと思うんだよね。
(実際には帰ると疲れて寝ちゃうんだけどさ。)

Gilad Hekselmanは今年Leader Albumも出しているし、
今や、サイドメンとしてはコンテンポラリギター系の所謂First Callのような気がする。
実はどれも素晴らしくて、ベスト盤級なんだよね。

スタンダードものならコレもおすすめ。
It's Alright With Three / Will Vinson

Samurai Hee Hawなんかも演ってる。現代的なギターなら此方も良いのです。

今年も何とか大晦日を迎えることができました。
細々とBlogの更新は続けるつもりなので、よければ覗きに来て下さい。

SN3V0021.jpg

良いお年を!
関連記事

'18 今年買って良かったモノ "ハードウェア”

メリークリスマス!イブだけど。クリスマスは仕事だし。
今年も年の瀬なので、毎年恒例の物欲の纏めをやりましょう。

先ずは、やっと買い換えたハンディレコーダのコレ。


TASCAMのフラグシップモデルのDR-100 Mk3です。
ライブの記録だけなら下位機種でも良いかなとも思ったんだけど、
レコードのMP3化とかも有るので奮発してみました。
で、これが大正解。ノイズが少ない。
ライブの録音だとどうしても安全を見てレベルを下げてしまう。
後からマスタリングソフトで音圧を稼いだり、ハイを持ち上げるのが必須なんだけど、
その結果ノイズまみれになっていたんだ。
ところが、流石フラグシップモデル、ノイズが極小です。
EQ、リミッタを強く効かせてもノイズが目立ちません。良い買い物をしました。

ただ、TASCAMのレコーダ全般に言えるんだけど、
モバイルルータの高周波系ノイズの回り込みには弱いんで、録音する時は近接厳禁です。

次は、新規購入ではないので番外です。
最初に買ったギターを実家から持ってきました。TokaiLS-50、80年のレスポールモデルです。
LS-50 - 9LS-50 - 6
載せ替えたフロントPUのDuncan SH-1が本当に当たりで、
ちょっとフェイズアウトニュアンスのビンテージトーン。
今年はこればかり弾いています。
結局高校生の時の最初に買った定価5万のギターに戻るのかと、、

それでは、今年のハードウェアNo.1はコレです。

FinalのE-2000というウルトラハイCPイヤフォンです。
5000円を切る値段とは思えないフラットでワイドレンジ。
若干のハイミッドが盛ってあるんだけど、これが通勤の電車で聴いて楽しくなる味付け。
また、イヤーチップが良く出来ていて、適当に装着してもまともな音が確保できる。
これって、満員電車の中での装着では大事なポイントです。
おかげで今年から満員電車で辟易していた通勤が楽しくなりました。
これこそハイCPの見本です。

今年も仕事のモチベーションが保てたのは、これら物欲のお陰です。

メリークリスマス

関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu