FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Zeppelin Logo Maker

lz50_square-4.png

見よ、この神々しさ。
駄文を書き殴ったブログのタイトルとは思えない。

昨年のZeppelin 50周年企画の一環として、
あのフォントによるLogo Makerが公開されているのだ。

https://lz50.ledzeppelin.com

Spotifyユーザーなら、オリジナルベスト盤のとしてのPlaylistも作れるのだ。
残念ながら僕はユーザーではないので、手書きで私のベスト盤を発表する。
お前の選曲など興味ないですという方がいても、御構い無しだ。

上の画像をみよ。何せ、Zeppelin Logoのブログだからな。

選曲のコンセプトは、LP1枚だ。CDではない。
A面、B面があるのだよ。
LPの場合、野球の打順のように、曲順には意味があるんだ。
例えばだね、A面2曲目というのは、シングルカットの場所なのだよ。
でね、A面ラストが所謂四番バッターだ。四番サード長嶋的曲のポジション。
B面2曲目がアルバムコンセプトの最重要曲とかだ。

それでは発表する。
Side A
1. Good Times Bad Times
2. The Rover
3. Immigrant Song
4. The Song Remains The Same
5. Stairway To Heaven
Side B
1. Rock And Roll (Live)
2. Bonzo's Montreux
3. Kashmir
4. Ten Years Gone
5. Achilles Last Stand

異論は認める。アレをなぜ入れないという気持ちも尤もだ。
でも最後は
3. Kashmir
4. Ten Years Gone
5. Achilles Last Stand
これだぞ。これで許してくれ。素晴らしいだろ?

因みに今年50周年を迎えるので、作ってみた。
lz50_square-5.png

何と言うか、やってはイケナイことをやった気分だ。
関連記事

"利用できなくなりました"の憂鬱

Apple MusicにはiCloud Music Libraryというサービスがあるんだ。
自分でCD、LPからリッピングした曲も含む全ての音楽ライブラリを、
iCloudというクラウドサービス上にバックアップしてくれる。
御蔭でネットに繋げれば、手持ちのPCやiPod、iPhone(持ってないけどさ)全てで
自分の音楽ライブラリを聞くことができる。
しかも、ライブラリの曲がApple Musicに登録済みなら、
高品質なApple Music版に挿げ替えてくれるんだ。
つまりだ、ゴニョゴニョして手に入れた低品質な音楽データまで、
Apple Music版の高品質で聴けるという、マネーロンダリング並みのサービスなのだよ。
(実際には中々上手くいかないけどね。)

但し、ロンダリングしてくれるのはApple Musicに登録された曲だけ。
Apple Musicは懸案だったECM系まで登録が進んで、Jazz系はかなり網羅されてる。
ただ、登録曲は結構変動が有って、今まで聞けていた曲がダメになることも多い。
曲の情報データを見ると

iCloudの状況:利用できなくなりました

と表示されるんで、あぁこの曲聴けなくなったのねと判る。

大体はBootlegっぽいヤツがAppleポリスに見つかって排除されるパターンなんだけど、
時々、レーベル単位でゴッソリ無くなることもある。

今回、Wolfgang Muthspielのあの奇跡のトリオ盤が
iCloudの状況:利用できなくなりました
になってしまったのですよ。

で調べたら、Amazon、HMVなんかも軒並みダメっぽい。
アフィリエイトでスマンが以下のリンクも中古の法外な値段。



レーベル自体はオーストリアにあって、地元のamazonでは販売しているようだけど、
日本での新品入手はかなり難しい状況みたい。
コンテンポラリ系のジャズギタートリオの最高峰だと思うんだけど、
やっぱりセールス的には難しいのかなぁ。

iCloudでのロンダリングデータがダメになったので、
改めて自分のCDデータをライブラリに入れ直して、
久し振りに通勤時に聴きまくってるのだが、
Lamantの始まりの雰囲気は、何度聴いてもゾクゾクするし、
Marc Johnsonのもう一つの名盤Summer Runningを連想させる、
Air, Love & Vitaminsのギターコードワークも素晴らしい。

もし、自分で好きにライブをブッキングできるなら、
このTrioか、Kurt入りのFellowshipを観たいんだよね。
Kurt入りのFellowshipは無理そうだけど、このトリオは可能性ありと思うんだよね。
もし実現したらどうしよう。

Air, Love & Vitaminsのイントロで多分泣く。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu