FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

可変入力インピーダンス 激安ブースタ改造

このところちょっとだけ話題になっている機材がコレ。

IK multimediaが今年のNAMM Showで発表したAXE I/Oです。
所謂audio Interfaceなんだけど、ギタリスト向けに特化したというのが売り。
で、その目玉機能がインピーダンスを可変できるギター入力なのだ。
勿論ギター入力可能な入力端子はこれまでもあったんだけど、
所謂ハイインピーダンス(HighZ、まぁ1MΩ位かな)設定だったんだよね。

ギターはHighZ出力なので、LowZに入力しちゃうと、
音量、特に高音域が下がってモコモコの音になっちゃう。
(この辺をまとめた記事も書いてるんで、良ければ読んでね。)
AXE I/Oは入力インピーダンスを連続可変にして、
ちょうど良いハイ落ちに設定できるようにしている。

だだ、回路的にはそんな大層なものでは無いので、試しに作ってみるかと。
最初は新規に作ろうかなと思ったけど、激安のブースタが売っていたんで、
これを改造するのが楽かと。

XoticのRCブースタのコピー品らしい。

ということで早速分解して、改造です。
BoostKiller - 1BoostKiller - 2
RCブースタ(いや、Boost Killerだけどね)の初段にエミフォロがあるんで、
そこの入力の1MΩ(R1)を1Mの半固定+10k(最小値相当ね。)に変更しただけ。
ついでに、クリッパの一つをLEDに変えて、非対称クリップにした。
BoostKiller - 4BoostKiller - 5
半固定VRは基板の裏側にエポキシで固定して、ケースに調整孔を開けで完成。
BoostKiller - 6BoostKiller - 3
この改造で、エミフォロのバイアス供給用1MΩがあるんで、
まぁ、大体500MΩから10kΩまで入力抵抗が可変できる。

それじゃ、早速実験くんしてみましょう。
P90のES-330コピーから、BoostKiller(ほぼフラット設定)経由で、PCに繋ぐ。
アンプシミュレータとかも掛けないスッピンで録音。
録音後、聴きやすいようにすこーしリバーブを入れた。

入力インピーダンスを下げながら、同じフレーズで6回録音。
まぁ、演奏の出来不出来はこの際、勘弁してくれ。

ZOOM0027_STEREO.mp3

段々とハイ落ちしていって、最後は音量もかなり落ちてる。
どこかにちょうど良いポイントが有りそうだけど、うーん、、
まぁ、素直にHiZ受けして、後段のEQで調整した方が良いような気もするなぁ。

このBoosterを買う時に、Amazonの中華エフェクタを物色したんだけど、
それにしても安い。もうこの分野も中国には敵わんな。
コピー云々の是非はあるけど、それを言ったらRCブースタ自体が、ねぇ、、

久しぶりの実験くんでした。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu