FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

JonathanのPick

先日のJonathan KreisbergとNelson Verasのライブで、
個人的に、ライブだとやっぱりES175は強いなぁという印象を受けた。
Jonathanの音はフルアコでもエレクトリック寄りで、
中域が持ち上がって、よく通る音だから尚更だよね。

AMSAレコードの後藤さんが、彼のピックをツイートしていた。

ダンドレアの定番ピック、PLEC 351シェイプの1.5mmなんだけど、
上半分を大胆にカットして使っているらしい。
指に塗る謎の液体も含め、色々拘りの人なのかな。
この辺りが彼の音の秘密なのでしょうか。

ということで、私も久しぶりにピックを買ってみました。

先ずは、Jonathanと同じPLEC 351シェイプの1.5mm。
Pick - 2
ジャズ系だと使っている人が多いのかな。
エッジが滑らかで、弦離れも良いし、使いやすいよね。
音も中域にまとまる感じで、ジャズ系定番なのも判るな。

これは、ウルティム素材での351シェイプ
Pick - 4
ジムダンロップのウルティムは、先の尖った形だけだと思ってたんだけど、
351シェイプもあるんだね。
個人的にウルティムは少し薄めの方が好きなんで、1.14mmを選んでみた。
その分、爪のペチペチしたアタックが付いて、ちょっとアコースティック寄り。

これはダンドレアのUltra Placsの1.5mmと2.0mm
Pick - 3
多くのリクエストを受けての待望の再発らしい。(知らなかった。)
先のPlecs同様にエッジが滑らかで、弾きやすい。
若干、弾力があってしなる印象。(本当にすこーしね。)
1.5mmはかなり好みなんで、この頃自宅練習では愛用している。

僕は本番だとピック使わないけど、Jonathanを観てピックも良いかなぁと。
ピックは百円くらいで色々遊べるんで、楽しいよね。

こんな、すごいヤツもあるけど、、
https://www.bluechippick.net

ピックで5千円って、失くしたら泣く。落ち込む。
でも、絶対失くすよね。
関連記事

Jonathan Kreisberg & Nelson Veras Live

Jonathan KreisbergとNelson VerasのDuoのCDを買って、
そのバカテク振りに口あんぐりという感じだった。

正直、Nelson Verasって誰?っていう感じだったのだが、
調べてみると、TV ドキュメント番組でPat Methenyと共演した少年とのこと。
あぁ、あの動画の子か!

いつの間にか髭ズラのアンちゃんになっていたのね。
ガットギターでブラジル出身という割には、ボサ系のニュアンスは無く、
クラシック畑からのJazzギターだな。

今回、DuoでMotion Blue Yokohamaに来るということで、
(会社を早退して)観て来ました。

KREISBERG meets VERAS ~JAPAN TOUR 2019 May, 10
1. Lina Rising
2. Stella By Starlight
3. Goodbye Pork Pie Hat
4. Milagre Dos Peixes
5. Windows
6. Until You Know
7. Face On The Barroom Floor
8 Fever Vision
Encore Body And Soul

Jonathanの方はいつもの謎のドーピング液を指にヌリヌリ。
例の高速アルペジオの繰り返しフレーズ。
個人的に、アレってエディのEraptionのライトハンドフレーズぽいんだよね。
勿論、音使いは洗練されてるんだけど、黄門様の印籠的なのが同じ。
”来ました来ました” ひれ伏すのだ〜ぁ。

Nelson Verasは、兎に角、左手の動きが物凄く少ない。
これがクラシックですか。音を出している指以外は固定してる。
ガットギターのピックアップ出力をJC-120で出す以外に、
サウンドホールもマイクで狙って出していました。
ただ、音小さいんだよね。
Jonathanのバッキングに隠れて、正直聴こえない位の音量差。

カッコ良かったんだけど、これギター弾き以外にアピールするのか?
少々、微妙な印象を持ってしまいました。

あとな、Motion Blueの席案内の金髪兄ちゃんな、
常連大事なのは分かるけど、整理番号順を無視した案内は止めとけよ。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu