FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Line6 M9 Repair その2

ジャンク市の戦利品Line6M9、動作自体は問題ないところまで修理できた。

Line6 M9 Repair

但し、モデルセレクト用のロータリエンコーダの軸が曲がっていて、
プッシュスイッチが効かないんだよね。
仕様がないから、外付けのスイッチで代用していました。
M9Repair - 3M9Repair - 1
でもこれ流石にこのままじゃダメだろってんで、
交換用のロータリエンコーダを探していました。
ただ、20stepでスイッチ付きのロータリエンコーダってなかなか無いのですよ。
で、やっとマルツで見つけました

早速交換です。
M9 Repair2 - 1M9 Repair2 - 2
応急処置のスイッチと、問題の曲がったエンコーダ。
エンコーダを外すのが一苦労でした。
ハンダ吸取線で余分なハンダを除去すれば良いのだけど、
エンコーダの取付金属爪をグラウンドにハンダで止めているので、
熱がグラウンドに逃げて、中々ハンダを吸い取らない。
普通なら、取付爪をニッパーで切って(≒壊す)外すんだけど、
もし交換品がうまく適合しなかったら、再利用する可能性があるので、
そう無茶はできない。
こういう時は、逆に呼び水的にハンダを追加して、一気に吸取るのがよろし。
なんとか交換したのがこちらです。
M9 Repair2 - 3
後は基板を元に戻して、完成です。
M9 Repair2 - 4M9 Repair2 - 5

実はすんなり完成では無くて、交換品のロータリエンコーダは厚みが薄いし、
更に軸がちょっと短いのですよ。
仕方がないから、基板とエンコーダの間に薄い木片(アイスの棒)を入れて、
少し浮かしてハンダづけしてあります。
また、ツマミの中に足りない軸の長さ分の木片(此方は割り箸を加工)を埋めて
やっと完成です。

これでなんとかライブでも使えそうです。

Mシリーズはロータリエンコーダのトラブルが結構有るみたいなので、
一応、備忘録です。(ブログタイトル説明にあるんだもん)

関連記事

30年来のPat Methenyになりたいの回答 BOSS SY-1

Methenyのファンの場合、コピーをしていると一つの問題に打ち当たる。
言わずと知れたギターシンセですよ。
当人はRolandのGRシリーズに、シンクラビアのギターコントローラと、
使い放題なんだけど、こちらは先立つモノがねぇ、、

そんな僕らのプアマンズギターシンセが、CasioのPG-300だったんだよね。
リーサラの特権、ボーナスで購入して、"ついておいで”コピーですよ。
ただ、トラッキングやレイテンシが厳しくて、ライブでは使えない。
そのうち友達に貸して、行方不明になってしまった。
やっと見つけた時には、例の液漏れコンデンサで音が出ない。
一応、リペアして使えるようにしたんだけど、まぁお蔵入りです。

ギターシンセの帰還 (PG-300 修理編)

スタンダードを弾いているだけだと、ギターシンセへの興味は薄れていた。
ただ、この頃シンセぽい音色でソロをとる人が多くなってきた。
Kurt Rosenwinkelとか、Hristo Vitchevとかね。
この切っ掛けになったのがエレハモのPOGやB9シリーズだと思う。
専用ピックアップ無しで、レイテンシフリーとなりライブでも使える。


これに対し本家Roland(BOSS)が出したのがSY300

これはエディット可能なシンセなんだけど、逆にギタリストには敷居が高い。
(値段だって結構高いし、、)
ということで、コストもサイズも大幅カットのSY-1が出ました。

消費税up前のセールストークにまんまと乗って、予約注文してしまいました。
やっと届いたとの連絡。キャッシュレス決済使って受け取ってきました。

えーとですね。
音色はプリセットで121種類。
飽くまでもシンセなんで、生楽器のシミュレーションはイマイチ。
但し、あの音は出ます。本家ですから。
プリセットの1-1と1-2(オクターブ上)ですね。
音色の調整用に2つのノブが有るんだけど、これが結構効く。
あの音にするには、少し籠らせると良い感じ。

Pat Methenyの大名盤"Travels"を流しながら、アホみたいに弾いてました。


これまでのギターシンセは、ピッチ検出の関係で高い音域を使うのがコツだったんだ。
低い音域は音源側でオクターブ下げて、弾くポジションは高い音域にする。
ところが、SY-1の新しいピッチ検出方式だと、
音量自体が必要なんで、逆に低い音域を使う方が安定している。

しかし、PG-300とは隔世の感が有るなぁ。
これはライブでも全然イケます。

キャッシュレス決済の割引の有るうちに、如何でしょうか。
Pat Methenyになれます。(イヤ、なれんけど。)


Bilbao演ろうかなぁ。(イヤ、演れんけど。)
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu