FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

XTE vs. Elixir

世の中にコーティング弦は結構有るんだけど、
結局のところ、本気の錆び手の救世主となるのはElixir一択だったんだよね。
色々新製品のコーティング弦が出ても、特にプレーン弦の持ちは、
Elixirのアンチルスト弦が圧倒的、連戦連勝、圧勝でした。

今回、その牙城に挑戦状を叩きつけたのが、ストリングス界の巨人D’Addario
以前、ノンコーティング弦の新製品のNYXLを試した時は、
音の感じや、弾き心地がとても良くて気に入ったんだけど、
やっぱり、最強錆び手の僕には、プレーン弦が劣化してダメだった。
(イヤ、でも、結構持った方だと思う。)

NYXLをモニターするために擦り合わせたこと。

XTというシリーズが、D’Addarioの新コーティング弦。
従来のEXPシリーズに比べて、プレーン弦もコーティング弦なのが特徴。
コーティングプレーン弦となれば、最強錆び手のワタクシ、見過ごせません。
残念なことに012の3弦ラウンド弦セットは未発売なので、
まずは、011-049のXTE1149を購入してみました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

D'Addario XTE1149 XT Nickel Medium コーティングエレキギター弦 11-49
価格:1391円(税込、送料無料) (2019/11/30時点)



XTE - 4

早速、張ってみました。
ギターは、昔、松下工房でオーダーした小振りのPRSっぽいギターです。
XTE - 5XTE - 8
大人しいElixirに比べて、D’Addarioっぽい、ちょっと張り有る音色です。
張った直後から安定していて、アーミング後のピッチの戻りも良い感じです。

コーティングの手触りは、Elixirより抑えられているので、
所謂、ヌルヌルした感触が苦手な人にも薦められるかな。

後は、耐久性なんだけど、一週間後の感触では劣化は感じません。
NYXLの時も一週間は大丈夫だったから、もう少し様子を見ますが、
Acoustic Scienceよりは良い感じです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Acoustic Science LACSEG1148 Nickel Medium エレキギター弦
価格:1252円(税込、送料無料) (2019/11/30時点)



因みに、XTシリーズはエレキ弦、アコースティック弦の他に、
クラシック弦もあります。
クラシック弦はD’Addario Pro Arteばかり使っていますが、
チューニングが落ち着いた頃には、弦も劣化してるというジレンマを克服しているか、
こちらも試してみたいところです。


関連記事

お家でギター

ここ一年ばかりライブもご無沙汰なんで、お家でギターと断るまでもなく
家弾きオンリー、引き篭もりの私なのだった。
これまで家でギターを弾く時は、必ずヘッドフォンアンプで弾いている。
最初に買ったのはヤマハのMA10。
高校生の頃に買って、結局大学時代もずっとコレで家弾き。

ショートディレイ内蔵により、疑似ステレオで弾けるという、
画期的な機材だったのだよ。
ウォークマン繋いで弾きまくれば、ドーパミンドバドバです。

リーサラになって買ったのが、Zoomの製品第1号だった9002だ。
コレは本当に良い音だった。特に歪みの音が良いんだよ。
確かPat MethenyのHalf Life Of Absolutionの歪みはコレ。


その後はKORGのパンドラになる。
何が良いって、メトロノームの音が良いのですよ。
機械式メトロノームの音のサンプリングという、判っている人が作ったのだね。
ベース用のパンドラ(PX3TBとPX4B)はお気に入りで、
今でもライブの時に持っていくのだ。

今は、Line6のPodHDで弾いている。
ギブソンのEH-185のモデリングが良く出来ていて、
マイクのアンビエントと、ディレイを少し掛ければ、極上のJazz Guitarサウンド。

この所、中華激安エフェクタやら、ギターシンセも買って、
最近はこんな物を足元に繋いで弾いております。
HomeRig - 1

EP Boosterの中華コピー → Zoom PD-1 → Boss SY-1 → TC Ditto → Line6 M5
Boss OD-1も歪みの音色は悪くないのだが、低域がバッサリ無くなるのでPD-1にした。
PD-1ですこーし歪ませるのが気持ち良いのです。

Line6 M5は昔モニタに当選して貰ったんだよね。
tube compというLA-2Aのモデリングをかけている。
ちょっとだけ、本当にちょっとだけリミッティングが掛かるようにすると、
もう痺れるくらい良い音になる。
特にソリッドギターに掛けるとセミアコの胴鳴りっぽさが出るのだよ。

でもね、実は1番のお気に入りは、EP Boosterの中華コピーなのだ。
レンジがギュッと狭まって、美味しいジャズトーンなるのですよ。
もう、絶対お勧めです。


あ、改造するとより使い易いですよ。

激安ブースタ改造その2 XP Booster編

一応、自分のブログの宣伝もしてみるのでした。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu