FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/01 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

今年も物欲

今年も物欲は抑え難し。
大体、年明け早々NAMMショーがあるのが良くない。
各メーカーのそそる新商品情報が年始の緩んだ頭を直撃するではないか。

ということで、現在、頭を悩ます物欲品を紹介してみます。
まずは、MOTUが満を持して発売したオーディオインターフェイスのエントリーモデル。
2in2outのM2と、4in4outのM4です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOTU M2【予約商品・2月中旬以降予定】
価格:23980円(税込、送料無料) (2020/1/28時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOTU M4【予約商品・2020年2月末入荷予定】
価格:30580円(税込、送料無料) (2020/1/28時点)



特別な機能が付いている訳ではなく、ただ単純に音が良いということで、
入荷即完売を繰り返している状態。
私がオーディオインターフェイスとして使っているPod HDは、
どうもMac Miniと相性が悪く、音切れで悩んでいた所にコイツだ。
最初はM2で良いかと思ったのだが、M4なら背面のライン入力にPod HDを入力できるしなぁ。
今の物欲リスト第1位です。

で、年明け早々のNAMMで話題騒然なのが、Pod HDの後継として発表したPod Goだ。

内容を見るとPodというよりはHelix系ですね。
Hx Stompにペダルをつけけて、DSPをケチって安くしたという感じか。
多分6万くらいだと思うので、これは売れるんじゃないだろうか。
ただ、結構デカイんだよね。
ペダルもフットスイッチも要らないので、従来のソラマメタイプの廉価版の方が良いのだが。

実は微妙な立ち位置になったHX Stompが値下げを期待してるんだけど。


アンプシミュレータなら、最強のIRデータローダーになるコイツも良いんだよ。


物欲に塗れつつ、実際はメルカリで中華激安エフェクタ検索で紛らわす私でした。
関連記事

三体

激安エフェクタ市場は、中華メーカーが席巻している状況ですね。
今、注目しているのは、Muslady NUX NSS-3(左)です。
NUX NSS-5 Solid Studio IR(右)から、キャビネットシミュレータを取出したモノ。

プリセットだけでなく、IRデータのロードまでできるんだけど、これ、大丈夫か?
もはや詐欺を疑うレベルの値段設定なんだけど。
もし人柱になってやると言う勇者の方がいたら、結果教えて下さい。
私は怖くてポチれません。

さて、もう一つ中華勢力が急激に台頭しているジャンルがあるんです。
そうです、SFです。SF小説ですよ。
多分2019年度の海外部門ベストSFを総ナメするであろう作品が、劉慈欣の”三体”です。

アジア勢というか、翻訳もので初のヒューゴー賞受賞です。
オバマ前大統領やFacebookのマークザッカーバーグが大ファンだとか、
鳴り物入りで昨年翻訳本が発刊され、日本でも話題の作品です。
遅ればせながら私も読んでみました。

メチャメチャ面白いです。
所謂ファーストコンタクトものになるのかな。
リーダビリティが高くて、基本良質なエンターテイメントです。
数学上の三体問題を題材にしたゲームソフトが出てくるんだけど
この描写が面白いんだよね。
ちなみにこの作品は三部作の一作目なので、今から続編の翻訳が待ちどうしいです。
SFジャンルに抵抗がなければオススメです。
是非一読ください。

中華ジャズってどうなんだろ。
有名ギタリストとかいるのかしら。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu