FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/03 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Angular Blues / Wolfgang Muthspiel

あぁ、もうなんて素晴らしいんでしょう。

ギター弾きでWolfgang Muthspielのファンならば、
多分、あの奇跡のギタートリオであるReal Book Storiesを求めてしまう。
久し振りに今回のトリオはその匂いがします。

何と言っても2曲のスタンダードが良いのだ。
Gペダルで弾くテーマがメチャメチャカッコ良いI Remember Aprilに、
小粋なEverything I Loveも素晴らしい。

東京で録音されたらしいのだが、
実はその時のツアーをCotton Clubで観ている。

夏のジャズギターライブ三昧

来日の度に観ているのだが、コレは近年のベストだった。
このアルバムでもガットギターを弾いているんだけど、
ガットギターに関しては、音も含めてジャズギタリスト中No.1だと思うんだよね。
普通のエレガットをVOXのAC30に繋いでいるだけなのに、妙に生々しいのだよ。

Everything I Loveの中で、ちょっと気になったフレーズが有った。
everyting.jpg
サムネイルが上手くできないのは勘弁して欲しいのです。

3弦をペダルにして、1、2弦の音を混ぜるフレーズなのですが、
ピックで弾くと弦飛びアルペジオで結構難しいのが、
指弾きだと、親指と人差し、中指の組合せで楽に弾ける。

僕は、ピックではなく指弾きなんだけど、
指弾きの意義というか、指で弾く必然性を悩んでいた。
ヒントになりそうで練習中です。
関連記事

Lyle Mays

Pat Methenyの新譜のレビューをAmazonで読んでいたら、
2月にLyle Maysが亡くっていたことを知りました。
G&Keyの相棒と言えば、Pat MethenyとLyle Maysだったのです。
(もうひと組は、Buzzy FeitonとNiel Larsenね。)

初めてのソロアルバム、Street Dreamsを聴いた時、
PMGで僕が好きな部分は、Lyle Maysの要素が大きかったんだと気付きました。

このアルバムもCDは廃盤で、ダウンロードのみのようですね。

Third WindのSE満載の中間部から、ピアノをかき鳴らす瞬間のカタルシス。


奇跡のようなPat Metheny Groupはもう観ることができないのですね。
関連記事

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu