FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

PRS SE Semi-Hollow 改造 (テイルピーススタッド交換)

先日、近所のお店でG&B Duoを演った。
元々はP&Bだったのが、トラを引き受けた形だ。
この編成だと、基本的に全曲initiativeを取らなくてはいけない訳で、
出来不出来が激しかったけど、いろんな意味でやってよかった。

とにかく、もっと曲を憶えよう。特にボサノバ

さて、このライブ用に弦を交換するついでに、
PRS SE Semi Hollowテイルピーススタッド
TONEPROS Locking Studs交換した。
PRS用のモノも存在するのだが、それは本家のインチサイズで
SEは韓国製のため、ギブソンのミリサイズ用を流用する。

PRSテイルピースはブリッジ兼用で、弦高もこれで決定する。
オクターブ調整が細かく出来ない等の問題はあるものの、
結構、合理的で使い易いシステムなのだ。
ただ、弦交換の度にネジが動いて弦高が変わってしまい、
オクターブピッチの調整も含めて再調整が大変なのだ。

そこで、目を付けたのがTONEPROS Locking Studs
元々は、スタッドテイルピースをロックして一体化し、
サステイン等の改善を図る目的なのだが、
PRSの場合、それに加えて弦高の保持が可能となり、
交換が楽になるというメリットがある。

で、交換の印象は、、
1. 交換後の最初の弦高調整が大変。
 付属のレンチがとにかく使いにくい。ロックを完全に外すと
 弦の張力でテイルピースが外れるので、軽くロックして調整する。

 (ロックするときに弦高が少し変わるし、ロックしたままでは
  ネジが回らないし、オクターブピッチも調整できない。
  全てを少しずつ合わせていって、最後ロックしたところで
  全てがピッタリになるようにする。)

2. ロックには十円硬貨が最適。(PRS SE純正品は十円硬貨が使えない)
3. 音色変化は、少し金属的な方向になるが、それほど変わらない。
 (大体、元々弦の張力で十分一体化効果はあると思うんだよね、、)

ま、セットアップは大変でしたが、これで今後の弦交換は楽々。
それほど高いものでもないので、おすすめです。

関連記事

物欲は止まらじ ICレコーダー«  | HOME |  »ウクレレキット製作中 -6 "まずは貝(隗)より始めよ”編

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/111-7b6e7832

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu