FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ヘッドホン(MDR-CD900ST)修理

ギターを練習する時は、ほぼ100%ヘッドホンを使っている。
これまで、ヘッドホンアンプはPANDORA PX5Dを使う迄、
様々な製品を使ってきたし、PX5Dも不満は色々ある。
ただ、ヘッドホンの方はSONYのMDR-CD900STで決まっている。

このヘッドホンはモニタ用として、ほぼデファクトスタンダード状態なので、
使ったことのある人は沢山いると思う。
音が固い、分解能が高過ぎて聴いていると疲れる、等々
結構評価自体は手放しベタ褒めという訳ではないのだが、
これが標準なので、取り敢えずこれが無いと困るという製品。
セッションにおける、”青い本”とよく似てる。



私は、低音の量感過多気味のリスニング向け音作りは肌に合わないたちなので
逆に、このクリアさが非常に気に入っているし、何よりギターを直接鳴らしても
ドライバがへたらない耐久性が魅力なのだ。
更に、サウンドハウス等で補修用のパーツの入手性も高いので、そういうところも安心。

(実は、SONYのMDR7506というヘッドホンの補修用パーツのほとんど
 が流用可能なのだ。ということで、私にとって唯一の欠点だった
 イヤーパッドの薄さを解消するため、少し厚めの7506のパッドに交換している。)

お気に入りのCD900STなのだが、このところ左側の音が時々途切れるようになった。
どうも、コードの接触不良のようで、コードの付け根のところを動かすと音が途切れる。

今日は、時間もあるので修理することにした。
多分、ドライバとコードのハンダ付けが外れかかっているのだろうと当たりを付け、
イヤーパッドを外してみた。


ドライバの周りのウレタンリングが劣化していたので、一応交換する。
補修用のリングは既に購入済みだったのだ。
薄いフィルムシート+両面テープの様なもので固定されているので
割り箸のようなものでグリグリやると取れると思う。


で、今度は本題のドライバを見てみる。

どうも、ちゃんとハンダ付けされているようなのだが、
いちおう、Lchの線を剥き直してハンダ付けして、再組立て。

ところが、音の途切れはなおっていない。
うーむ、端子のハンダ付け劣化じゃなければ、コード内部で断線か?
ということで、コードをつまんで色々グリグリしてみる。
ヘッドホンから3cmくらいのところがどうも怪しい。

しょうがないから、もう一度分解して、コードを20cm位短く切って
再ハンダ付けしました。


もう一度組立ててチェック。
今度は音の途切れは解消。やっぱり、内部の断線でした。

ただ、怪しいところを切って、被覆を剥いてみたのだが、
コード内部の導線は随分酸化が進んでいるようだ。
色がかなりくすんでいて、最終的には、コード全部交換かなと思った。

今回修理をしてみて、このヘッドホンの修理のし易さに驚いた。
リッツ線を使っていないのでハンダ付けも楽だし、
ネジを外すだけでドライバにアクセスできる。

やっぱり業務用はこれでなくてはね。
手放せません。

あ、ウレタンリング交換したら随分低音の出が良くなりました。
消耗品なのでコマメな交換がお勧めですよ。

関連記事

実験くん Belden 8412の巻«  | HOME |  »楽器フェス2008に行ってきたのだ。

コメント

初めましてたかのゆきと申します。

私もリスニング用、楽器用ともにCD900STを使用してます。
ちゃんと音が聞こえるというのはすばらしいなぁという経験を
このヘッドホンは与えてくれました。
私の環境の場合ケーブルが短いほうがいいので
短くしジャックもΦ3.5mmのL型ステレオに交換しております。
楽器の輪郭がはっきりし、リバーブがきれいにすうっと消える感じは
何もにも替えがたい快感でした。
私も最近、部品交換しました。
スピーカーの半田付けの位置というか、順番に戸惑いましたが上手く言ったようです。
末永く使って生きたいと思います。

>たかのゆきさん
初めまして。
楽器を弾く人は、リスニング用にもCD900STを使う気がします。
リスニング向きという評価のあるセットで音楽を聴くと、
いつも聴いている生の楽器の音とは違う、不自然な音像表現になっていたりします。

実際のベードラの音は、そんなにブンブンいわないソリッドな音ですし、
下手すると、1m位ある巨大なサウンドホールのあるギターに聞こえたり、、

だからといって、CD900STは最高という訳ではありませんが、
補修部品がきちんと供給されているということだけでも
素晴らしいと思うのです。

とはいえ、今度出るMDR-1Rはかなり気になっているのですが、、

コメント有り難うございます。
自己満足なブログですが、反応があるとやはり嬉しいです。
良ければたまに覗きにきて下さい。それでは。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/120-7150cbe2

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu