FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Adam Rogersになりたい。

練習記録と言うお題目で始めたBlogなのだが、
この頃は修理や、機材の製作記録になっている。
ハッキリ言って練習をサボっていることも確かなのだが、
ここで、軌道修正して演奏に関することも書いてみることにする。

今、僕の中で一番注目しているギタリストは、
Adam Rogersという人だ。
彼のソロアルバムはこれ迄も聴いてきたし、巧いなぁ、と言う印象は持っていた。
でも、まぁそれほど入れ込んでいた訳ではない。
そんな中でこの最新作をきいてから、次第にファンになってきたのだ。
このCDは所謂スタンダードを数曲演っていて、そのおかげで
彼の実力が判り易い形で提示された気がする。

TIME AND THE INFINITETIME AND THE INFINITE
(2008/12/03)
ADAM ROGER\\\'S TRIO

商品詳細を見る


それ以降、彼の作品を車の中でよく聴くようになったのだが、
丁度定期購入しているJazz Guitar Bookで彼の特集が有り、
その中のConfluenceという曲の譜例をなぞってみた。

ジャズギター・ブック (Vol.17) シンコーミュージック・ムックジャズギター・ブック (Vol.17) シンコーミュージック・ムック
(2008/04/20)
不明

商品詳細を見る


実際には、採譜の一部が完全に半音ずれているミスが有ったりするのだが、
(半音ずれたままの音使いを理論的に検証する解説が有って、なんだかなぁ
という記事になっている。)
無駄の無い音使いで、アウト、インの移行がすごく滑らかで
参考になる演奏だった。指癖的にはPat Methenyに近い気がする。

更にYouTubeを検索して、この映像を見つけた時に、
僕の中でこの人の評価が決定的になった。


かっこいいのだ。 ”弾き方が !”
フレーズ云々ではなく、このフォームがもうモロ好み。
僕自身も、ピックが逆アングルになるフォームなので、なんとか真似したい。

そこから、彼のフォームのコピーの日々が続いた。
(ま、フレーズの方はひとまずね、、置いておくことで、、)

今のところ以下の結論に至っている。
1.ギターは、体の側面に、丁度サーフボードを抱えるような感じで構える。
2.ギターのヘッドを下げ気味にして、その分ギターのエンドピン側が上がるので、
  肘の位置をエンドピンくらいにあわせて、ネック、手首、肘が
  一直線上に並ぶようにする。
3.ピッキングは勿論逆アングルで。

この辺りでかなり似てくるはず。
このフォームは荻原亮さんにも似ていると思うので、更に研究することにする。

え、フレーズ? いやまぁ、そっちは無理だからさ、、
関連記事

'08 今年の一枚。«  | HOME |  »ジャンクなギターを修理してみた。

コメント

僕もこのアルバム買おうと思っていたので、今度、聞かせてください。

寺屋さんも注目しているみたいで、メモリーマンも話になると必ずアダムロジャースの名前が出てきます。

どもども

31日の時にでもお貸しします。
彼はメモリーマン使いなのですか?
余りトリッキーな印象は持っていないのですが、
そのあたりの情報も教えて下さい。

やっぱり、フォームのコピーだけじゃねぇ、、

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/126-bf7bd540

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu