FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Synth, Synth, Synth!!

随分前に一緒にバンドをやっていた会社の先輩が独立して、
音楽系のソフトやミドルウエアを開発する会社をやっている。

つい先日、久しぶりに連絡がとれて、メールをやり取りして、
先輩の会社の新製品として紹介してもらったのが
iPhone / iPod Touch向けのGM音源ソフトウエアシンセがこれだ。

WaveSynth



僕はiPhoneもiPod Touchも持っていないので、
新しモノ好きでiPod Touchを持っている後輩に紹介して二人で実際に使ってみた。
音は普通のGM音源として使えるクオリティだし、
加速度センサによるモジュレーションも面白い。
ただ、やっぱりタッチスクリーンの鍵盤は、ミスタッチしやすいので、
これは思い切って専用のコントローラ画面にした方が良いのでは。
(エアギター用とか、、)
しかし、これが230円のアプリなんだからすごいよなぁ。
ニコ動とかで、これを使った超絶演奏とかアップロードされると良いのですが、、

さて、今回先輩に連絡取った目的は、昔なけなしのボーナスで買ったギターシンセが、
紆余曲折を経て先輩の手元に行ったので、それを送ってもらう相談だったのだ。

結果、十数年ぶりに帰還したのがこれだ。

Gsynth1.jpgGsynth2.jpg

20年くらい前に、CASIOがなぜか妙に力を入れて作っていたギターシンセ
多分2作目であるPG-300という音源内蔵型のギターシンセ
多分、実売で10万切っていたと思うのだ。

購入した時は、早速Pat Methenyギターシンセ定番の
"Are You Going With Me ?"のカラオケを打ち込みで作って、
それに合わせて、Lyle Maysのハーモニカ系シンセソロ、
そして、あのトランペット系のギターシンセソロを弾くという、
大自己満足大会を満喫した。

こんなオモチャっぽい外見だけど、意外にギター自体の音も良い。
多分、電子回路用の大きなザグリが、セミアコ的な構造になり、
アコースティックな気持ち良い音になったのだと思う。
ただ、実際のバンドでギターシンセを活用するというシチュエーションは
なかなか難しい訳で、結果、手元を離れて行ってしまったのだ。

今回、久しぶりに音を出してみたのだが、案の定シンセの音が出ない。
カスタムチップはちょっと手が出せないなぁと思ったら、
なんと、2弦だけはシンセが鳴るではないか!

"これは何とかなるかもしれない。"  バカラッシュは思った。

(← プロジェクトX風でお願いします。)

修理編に続くのだ。
ギターシンセの帰還 (PG-300 修理編)
関連記事

ギターシンセの帰還 (PG-300 修理編)«  | HOME |  »東京ハンドクラフトギターフェス2009

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/139-6a6bfef1

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu