FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

イヤホンの改造



先日出張したときに、上のうちのJVC FX77を使った。
本来カナルタイプは好きではないのだが、電車の騒音を気にしないで
音楽を聴くためにはしょうがない。ただ、少し周波数特性をいじった。
どうも、カナルタイプは不自然な低域増強が入っていて好きになれない。
でも、電車の騒音対策には、やはり必需品。
そこでネットで色々検索して、それらを参考に改造したのが上の写真。

通常カナルタイプは、イヤーピースを取り除くと、筒の上面に薄い紙が貼ってあり、
その紙に高域透過用の小さな針穴程度の穴があいている。
不自然な低音に対抗するにはその穴は小さすぎるため、
紙を剥がしてしまい高域透過量を増やす。
ただ、このままだとドンシャリ系の音になってしまうため、
ボールペンの芯を適当な長さに切り、それに両面テープを軽く巻いて筒の中に入れてしまう。
このボールペンの芯が音響パイプになり中域が持ち上がる。
これでフラットっぽい特性になる、とは言い切れないのが難しいところだが、、

写真のEX51はこれでだいぶまとまったのだが、
FX77はもともとドンシャリ傾向が強かったため、
付録CDなんかに使われる保護袋を切って貼って筒のふたをしてみた。
ま、なんとか高域はおとなしくなったのだが、低域のチューニングが難しい。
本当は吸音材を入れて低域のだぶつきをとりたいのですが、これはむりだよな。
取りあえずこのまましばらく使ってみましょう。

Victor インナーイヤー・ステレオヘッドホン(シルバー) HP-FX77-S /
関連記事

The Way Up - Live«  | HOME |  »Real Major Scale

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/16-25b66753

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu