FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Nova Systemはお買い得だったのか? その2

僕がギターを始めた頃は(30年前だ。自分で数えてびっくりしたぞ。)
エフェクタを沢山並べたペダルボードが憧れだった。
その中でも、松原正樹さんとかが使っていた、
EEW(永塚エンジニアリングワークショップだったかな)が
ノックダウンしたエフェクタボードがすごかったなぁ。
これは、市販のエフェクタをバラしてトランクケースに一体化したもので
ま、今のマルチエフェクタの走りだ。
海外でいうとボブブラッドショウや、ピートコーニッシュなんかがやっていたことを
日本でもやっていた人がいたのだな。
(どうも、横浜の上大岡に有ったらしい。詳細知っている人がいれば教えて下さい。)

自分でもボードを作ったことがあるのだが、持ち運びが大変だった。
その後、GP-8というローランドの1Uのマルチエフェクトが出て
それ以降、マルチエフェクトが大流行した訳で、やっぱり皆持ち運びに苦労していたんだな。

ところが、なぜか今は、マルチエフェクトは初心者向けで
上手い人は単体のエフェクタを並べて使うということになっているらしい。
なんでかな。大体この手のことを訊くと、
"マルチはデジタル臭いからね、やっぱりアナログだよ”
とか始まるので、”そうですよね”とか適当なこと言って退散することにしている。
アナログっぽいっていうのが、単にハイがトロいってだけだったりする気がするけどね。

ということで、Nova Systemのレビューです。
先ず、全体の共通設定項目からみていこう。(右上の"MENU,LEVELボタンから設定する項目です。)
この中で、一番大事なのは"Routing"だと思う。
空間系のエフェクトの繋ぎ形を設定するのだが、基本は"semi-parallel"。
これだとDelayReverbだけ並列になるので、Delay音にReverbが掛からないため
Delay音がハッキリして音像が曇らない。
更に、PitchShifterやModulationも並列にする"parallel"という設定もある。
僕は、DelayReverbが揺れると音像が不明瞭になるので、この設定にしているが、
PitchShifterでハーモニーやオクターバー設定にしている場合、
Delay音だけハーモニーのない音になるのでちょっと不自然になるから注意。
因に、この設定が出来るだけでもマルチの価値が有る。
(これを単体エフェクタでやろうとすると、スプリッタ、ミキサなど結構大変。)

Level関連項目ではInput Gainの調節は忘れずにやる。
前に繋ぐギターやエフェクトが変わったらマメにやらないと
不用意に歪んだり、ノイズが大きくなる。
後、Advanceモードにして、Output Rangeを選択する。
入出力で同じ音量になるのが基本。

後は、大体default設定で良いと思うが、それぞれの使い方で変わる部分もあると思うので
一度はマニュアルに目を通しておくと良い。僕も結構発見が有った。
外部ペダルでMaster Volumeを調節する設定方法はマニュアルに書いてないので
以下の動画を参考にどうぞ。



さて、次回からは個別のエフェクトについてみてくつもり。
誰も読んでなくてもやるつもり。


関連記事
Nova Systemはお買い得だったのか? その10
Nova Systemはお買い得だったのか? その9
Nova Systemはお買い得だったのか? その8
Nova Systemはお買い得だったのか? その7
Nova Systemはお買い得だったのか? その6
Nova Systemはお買い得だったのか? その5
Nova Systemはお買い得だったのか? その4
Nova Systemはお買い得だったのか? その3
Nova Systemはお買い得だったのか?
関連記事

サリンジャーであり、守りたかったもの。«  | HOME |  »JamVOXを弾いてみた。カエル王子の挑戦

コメント

私もnova systemつこうてます。
続き期待!

>めし様
わざわざコメント有り難うございます。
誰も読んでいないと思っていたので、嬉しいです。
調子に乗って続きを書いてみることにします。

NovaSystemはパラメータが多くて、
なかなか難しいですね。
色々試してブログに記録してみます。

よければたまに覗いてやって下さい。
励みになります。

NOVA使い始めました

昨日、NOVAが届きました。マニュアルを覗きながらどんな音が出るのかを試した後、Editを開始。… ボリュームペダルの設定方法が??? Web掲載された記事を参照し、できました。とても参考になりました。このまま読み進みます。掲載感謝します。

>juliepapa様
どうも、TCはマニュアルの整備が適当で、本当に必要な情報を網羅していないですね。
TC Japanは更にアレなんで、本国のユーザーフォーラムが一番情報量が多いです。
そこをこまめに見るのがお勧めです。

コメント励みになります。
更新が滞りがちですが、懲りずに見に来て頂けると
嬉しいです。

はじめまして。

今頃Nova Systemのご質問すみません!
最近中古で購入しまして(^_^;)
マニュアル見ながら、Input Gainの調節は理解できるのですが、AdvanceモードでOutput Rangeを選択し、「入出力で同じ音量になるのが基本」というのが今ひとつ理解できないのですが・・・。簡単な具体例お示しいただけませんでしょうか(^_^;)
ちなみに私のギターではボリューム全開でもInput Gainで0が表示されません。
よろしくお願いいたしますm(__)m

Re: はじめまして。

>浦島太郎さん
”入出力で同じ音量”というのは、所謂ユニティゲインです。
Nova Systemを外してギターをアンプに直結したときと、
Nova Systemをつないでエフェクトをall offにしたときに、
同じ音量になるように設定するという意味になります。

調整の仕方としては、
1. ギターをNova Systemに繋いで、Levels Menuからedit Dつまみで、Input Gainを呼び出します。
2 edit Aつまみでinput Gainを0に設定し、ギターの最大音量になるように(開放弦でストロークとか)弾きながら
  "0"と表示されるまでedit Aつまみで、input Gainを上げます。
 通常のギターなら"16"くらいで”0”の表示が出ると思います。
 24まで上げても、"0"の表示にならないのは、これは、ギターがまともに音が出ていないので、
 ギターをリペアに出すべきです。
3. ”0”が表示されたら、そこから2位Gainを下げます。(16だったら14位にする。)
4. 一旦、Nova Systemからギターを抜いて、アンプに直結します。
5, アンプ直結でギターを弾いて、音量の感じを覚えておきます。
6. 再び、Nova Systemをギター、アンプ間に接続します。
7. Nova Systemのエフェクトを全てoffにします。
8. Levelsメニューのアドバンスモードをonにし、Output Rangeを呼び出します。
9、ギターを弾きながら、2、8、14、20の中で、
  直結のときの音量に一番近いものを選びます。

これで、大体ユニティゲインになると思います。
一般的なギター、アンプなら、input gain, output rangeも"14"位になると思います。
(私の場合も、ビンテージ系のハムバッカーPUのギターで、JC-120につなぐと、”14”位の設定です。)

参考にしてみてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/167-e0a99a96

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu