FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

eneloop music boosterを使ってみた

つい先日、Panasonicの完全子会社化が発表されたSANYOだが、
買収動機の一つとされている充電池事業がある。所謂eneloopだ。

eneloopは自然放電が凄く少ない(2年経過しても80%残存している)充電池なので、
充電済みの状態で販売できるところがHitした原因だと思う。

僕もエフェクタ用に使ってみたいと思っていたのだが、
充電池はその特性上、普通の乾電池に比較して電圧が低いという問題が有るのだ。
(乾電池が1.5Vに対して充電池は1.2V)
電圧にあまりシビアでない機器に対しては、電圧降下が少ない分、長時間使用ができるのだが、
エフェクタみたいに、電圧が下がると歪んでしまったり、全く動かないものには使えない。
特に、例の角形006pの9V電池は、あれは中で小さい1.5V電池を6個積層した構造なんで、
これを充電池で作ると、1.2x6=7.2Vになり、さすがに使えない。
ただ、一般の006p充電池は7個積層で8.4Vが多いが、これでもちょっと電圧が低い。

(実は、海外製品には8個積層で9.6Vにしているものもあり、これは結構狙い目だが、
 ちょっと怖い気もする。こことか
 
ということで色々問題が有った充電池のエフェクタ動作なのだが、
eneloopからエフェクタ用の電源供給用の製品が出たのだ。

eneloop music booster
eneloop3.jpg


機会があって、モニターできることになったので、実際に使ってみました。
一応、このリンク先でモニター記事や動画を載せてるので参考にしてみてください。

eneloop music boosterのレビューと評価: ライブでのエフェクタ電源供給の新定番になるか!?

詳しくはリンク先を見てもらうとして、全体としては結構いいかなという印象。
実は9VにするためにDC-DCコンバータで昇圧しているので、
その発振ノイズがどのくらい影響するかなと思ったんだけど、
適当にスペクトルを取った限りは、乾電池と同じ程度のノイズレベル。

デジタル系x2 アナログ系x2くらいなら多分10時間くらいは持ちそうだし、
演奏場所の電源環境は劣悪なことが多いので、ノイズフィルタを
ガシガシ入れたACアダプタよりは、色々な意味で楽かもしれない。
実は防水加工なんで、ま、水没はダメだろうけど、野外の小雨くらいなら
多分大丈夫なのも高ポイント。

ただ、リンク先で比較しているACアダプタは、悪名高きZoomのACアダプタなんで
普通のACアダプタはあそこまでハムが酷くはない。
電源ノイズ1 電源ノイズ2

左がeneloopで右がZoomアダプタ。(このうねりがハムノイズ)

それほど高くないし、ボードを組むときは検討しても良いかもです。
関連記事

ウクレレキット製作中 -7 "バーフリング”編«  | HOME |  »ジャズの壁を越える100のアイディア

コメント

ぼくはかなり前からENELOOPファンでいろいろな人に勧めて回っている。
充電池が電圧が低いのは知識としてはしっていましたがところが、ENELOOPはアルカリ電池よりも電圧が高い!。計ったわけではないけれど、使った体感としては、確かに高いのです。
たとえば・・・デジカメ。デジカメはかなり電圧を喰うわけで、アルカリ電池で50枚分しかもたなかったり、
出先でコンビニに飛び込んだら、マンガン電池しかないと、起動しない!!!
ところが、ENELOOPだとアルカリの3倍もつし
動かなくなっていたデジカメが復活したりと、魔法の電池として我が家ではすでに20本以上の所有率の高さなのです。そしてもちろん、録音機からエフェクターから
すべてENELOOPです。
どうしてそうなるのか?わかりませんが、そのままの電圧を測ってみてくれますか?

そのような便利なものがあるのですねぇ^^
しかも、ほんとハムノイズが無い用にみえますねぇ。
今後の参考にさせて頂きます!

>あゆたださん
ちょっと説明が難しいんですが、eneloopは電圧は低いのですが
持続性能が良いので、その電圧(1.2V)が長時間一定で持ちます。
乾電池は、初期電圧(1.5V)は高いのですが負荷の高い機器(例えばデジカメ)だと
あっという間に電圧が下がり、使えなくなってしまいます。
この辺りが、eneloopの利点であゆたださんの言う3倍持つ原因です。
ただ、エフェクタの場合、それほど負荷が高くないので
乾電池でも初期電圧が割と維持できるし、
電源電圧が高いほどダイナミックレンジが広がるので、
乾電池の利点である電圧の高さが生きます。

それから、電気機器では内部で電圧を上げる回路が入っていることも多く、
その場合eneloopの欠点は解消され、安定した電圧維持性能が更に生きることになります。
あゆたださんの所有機器はこのパターンかもしれません。

この、music boosterも内部で3.6V->9Vの昇圧が入っているようです。

実際の電圧は、006P乾電池が無負荷初期電圧10V弱で、
負荷状態で使用すると直ぐ8V程度まで降下してしまうのですが

music boosterの実測は、
無負荷 : 9.15V
約20mA流して計測(アナログエフェクタ2個相当): 9.05V
約50mA流して計測(デジタルエフェクタ1個相当): 8.97V
で、これがそのまま10-20時間継続してます。

昇圧回路は実は色々問題が有るのですが、music boosterは
うまく処理しているみたいですね。

>takaRさん
music boosterは若干、対負荷定電圧性に難が有りますが、
通常使用なら問題無いレベルだし、結構使い勝手が良いので
お勧めですよ。
豆腐みたいな形は賛否が有りそうですが、、

なるほど!
説明ありがとうございました。
マンガン電池だと新品でも起動もしないのは、コンビニで棚ざらしだったから?

ご紹介されている海外製品のmaha powerex 9.6Vを使っています。今のところ、端子部が蓋ごと外れた以外は、膨らんだとか爆発したとかいうトラブルはありません。音の感じですが、はっきり言ってわかりません。比較した相手がProvidenceのBattery Emulatorなのが悪いのかもしれませんが、僕の耳なんてそんなものです。

eneloop×8本で9.6 Vパワーサプライを自作している猛者は、日本のどこかに絶対にいると思うのですが……。

>あゆたださん
電池の評価項目に放電容量というのがあります。
エネループで2000mAh程度でしょうか。
これは、たとえは1000mAの電流を2時間流すことが出来るという意味です。
(1000x2=2000mA)
うちのデジカメは消費電流はだいたい800mAなので
エネループ1本で2.5時間程度持つことになります。
これがアルカリ電池で1000mAh,マンガンだと150mAhくらいです。
マンガンだと11分しか持たない計算ですが、
このくらいだと起動もしない可能性があります。
ほとんどのデジカメはマンガンを動作保証対象にしていないようですね。

>たてべさん
正直、まともに作ったPower Supplyならあまり差はないと思うのですが、
たまに極悪なPower Supplyがあるのでびっくりします。

えーと、端子部が外れたって、、いや、まぁ、

エネループのパワーサプライも作ってみようかなとも思ったんですが、
あれって、充電電流とかの仕様ってどっかに出てるのかな?
でも、きっといますね。やってる人。
music boosterもDC-DCコンバータで昇圧してますが
それなりに電流取れてるし、スパイク状のノイズも
数十MHzの発振周波数も出てないので、けっこうまともに作ってます。

この商品もすごく気になっていました。もっとも、Nova system一個で済ませている現状では必要ないのですが…
リンク先の動画のzoomアダプタのノイズにびっくりしました
電源って大切なんですねー…

あと、「ガニメデのやさしい巨人」も読みました
第一作ほどの衝撃はないものの、朗らかな性格に心和みました^^

>めしさん
zoomのアダプタは、エフェクタ内で昇圧回路があり、そこで
まともなリップルフィルタをいれてあるという前提のアダプタなんで
ま、zoomの対応機種以外で使うのは無理があるんです。
でも、それにしてもこれだけ盛大にリップルが乗っているアダプタは
めずらしいのですが、、

ガニメデはSFというよりファンタジー系になってますね。
それはそれで面白いんですが、やはり1作目にはかなわない気がします。

初めまして。自分もデジタルとアナログが混在したボードの電源として導入を検討しているのですが、2系統それぞれで供給すれば影響を受けにくかったりしますか?

>anonさん
この製品の2系統出力は単なるパラアウトで、独立出力ではないから、
デジタル系、アナログ系で分ける用途には使えません。

ただ、電源系統を分けるネタも真しやかに語られますが、
どうせ、ケーブルでグランドが無造作に繋がっているので、
電源を分離しても、それほど効果があるとも思えませんがいかかでしょう?

私も、機器内の設計をやる時は、アナログ系、デジタル系で電源を
分けて設計し、それなりに気を使いますが、機器間の電源管理は
はっきりいって無理だと思います。

機材内部にまで手を出せるなら色々手は有ると思いますが、
ノイジーな機材は使わないのというのが、まぁ結局は
一番の回答だと思います。

私は、”気にしない”という最強の処方箋で対処してますが。

という回答にもならないコメントで申し訳有りません。
よければ、たまに覗きに来てください。
コメント励みになります。有り難うございました。

丁寧に教えていただいたのにお礼が遅くなりました。
ありがとうございます!確かにそうかもしれないですね。
気にしないのは得意ですし、あとは実際に繋いでみます。笑
もちろん、これからもちょくちょく覗かせていただきます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/193-9d36c7f9

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu