FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

iRigを作ってみた。

iPhoneを持っている人の数が大分増えてきて、僕の周りでもちょくちょく見るようになってきた。
僕はあまり携帯を使わない(=掛かってこない)のでそれほど欲しくないのだが、
後輩が電話以外ほぼ同機能のiPod Touchを譲ってくれた。

iPod TouchにiReal Bookで老眼はどうする。

多機能で色々便利なのだが、単純な携帯音楽プレーヤとしてはどうかなぁと思う。
音楽を聴くだけなら初代の(発火バッテリーで有名な)iPod nanoのほうが使いやすい。
多機能って別に便利じゃないんだよね。
でも、せっかく譲ってもらったんだから、なんか面白い使い方は無いかなと
探していて見つけたのがこれ。



AmplitubeというPC向けのギターアンプシミュレータソフトを出している
IK MultimediaのiPhone/iPad用のギターアンプシミュレータで、
専用のiRigという接続用のケーブルを使ってギターとiPhoneを繋ぐらしい。
でね、iRigは4,830円らしいのだが、iPhone用のソフトは機能限定だけどFree版も有るらしいのだ。

そりゃ、iRig作っちゃおうとなりますよ。

iPhoneのイヤフォンジャックは4極になっていて、通常のLR出力以外に
マイク入力もあるので、ここにキターを突っ込めば良いのだ。
ということで先日秋葉原に行く用事があったので、部品買ってきました。
どうしても必要だった4極のミニプラクはマルツに有った。
(というか、その日マルツのT部長とセッションして呑んだんだけどね。)

早速、Free版をダウンロードしてiPod Touchにインストール、
変換ケーブルを組み立てて、ギター繋いでみました。
結果は、一応鳴るんだけどインピーダンスが合わないんで、
ギターのボリュームを少しでも絞ると音が消えてしまいます。
取りあえずバッファを繋いでみたら、これで問題無く使えます。

ま、バッファを繋げられるんならこれでも良いんだけど、
やっぱりね、iRigみたいに直接iPod Touchに繋げた方が便利なんで
簡単なバッファを内蔵させちゃいましょう。
(実は、イヤフォンジャックのマイク入力には電源用の2.7Vが重畳されているので
 これを電源にバッファを動作させられるのだ。)

作りました。ちょっと大変でした。老眼だし、
iRIG1.jpgiRIG3.jpg
iRIG2.jpgiRIG5.jpg
ネットを検索するともう既に自作をしてる人もいて、その人は2石でゲインを取ってるのだけど、
そうすると内蔵できないんだよね。なんで、自己バイアスのFETバッファで
ケチケチにした。(FET一個、抵抗2個、タンタルコンデンサ1個のみ)
写真を見ても、これくらいが内蔵の限界だ。チップ部品は僕の目の限界を超えてるし、、

鳴らしてみたんだけど、やっぱり自己バイアスだとゲインが落ちるし
電源電圧が足りないせいかかなりのハイ落ち。
やっぱ、ゲイン取らないとダメかなぁ。あと一本抵抗入るかな、、

iRIG4.jpg

ま、でも面白かったんでこれで良いとする。
会社での練習アンプに使うのだ。

見せびらかすのだ。

でも本当は、製品を買った方がずっと良いと思う。
(自作の結論ってこんなもんだよね。)


さりげなくアフィリエイト。すまん。

--- 追記 --- 2011, Jan. 15---------
自作iRig完成版の記事はこちらです。よければどうぞ。
iRigを作ってみた。その2 完成したのだ
iRigを作ってみた。その3 いろいろ雑感
関連記事

Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette @神奈川県民ホール«  | HOME |  »物欲は止まらじ 小型ギターアンプ その2

コメント

すごい!

ケーブル作ってる人はみたことあるけど、
バッファ入れてる人は初めてみました。
あ、もちろんネットで、です。

すごい!
1MΩと・・もう一個は・・・。
FETは117?
と夢が膨らみます(笑)

すごいっすね^^
実はクライアントにお願いして
国内では出回っていない
高周波用FETを仕入れることに成功したので、
僕もバッファアンプやプリアンプを含め
ハンダ作業をかなりしたくなっております。

でもこれiRig自作したかたは僕も初めてですね^^
きっと良い音がでちゃうんでしょうね^^

>tacoさん
本当はiPodの受け側の回路が分かっていれば、
もう少し工夫できるんですけどね。
電源供給と出力を兼ねた回路は考えだすと面白いですね。

FETは246です。30で良いと思うんですけど手持ちが切れてたんで。
抵抗は4.7kです。もう少し電流流した方が良かったかな。

細かい作業は得意だったんですけど、いやぁ、もう目がダメですね。
オジサンになったもんです。

>takaRさん
高周波用って、昔だと19とか68でしたが、
まさかGaAs系じゃないですよね。

音は、ゲインが足りず、ハイ落ちでお世辞にも
良い出来では有りません。外部電源でちゃんとした
バッファを使った方がずっと良い音です。
やっぱり2.7V電源と、限られたスペースというのが
内蔵の限界です。

おもしろネタも色々有るんですが、仕事が絡んでるので
なかなか書けないのがつらいところです。

246でしたか、使ったことないんですが、30と同じ様に使える感じでしょうか。4.7Kでしたか・・黄色がわかりませんでした(笑)

2SK246はRolandがよく使っている印象が有りますね。
そう言えば永遠に存在するような気になっていた
2SC1815がディスコンらしいので、この手の定番品の
互換を自分なりに探しておく必要が有りますね。

外部マイクってどうなんですか?

はじめまして電気に弱いなおといいます。先日GarageBand for iPadが発売され入力装置に興味があります。このiRigっぽい作品はギターのインピーダンスに合わせているとのことですが、歌を入力するためのマイクをつなぐために切り替えなどという回路にするにはどうしたらよいものでしょうか。現状の回路だけでもありがたい上のずうずうしい質問ですが、お手すきの時に教えていただけると嬉しいです。

随分時間が空いてからの返信になりました。
まだ、覗きにきてくれてますでしょうか?

マイクを繋ぎたいということですが、電源が要らないダイナミック型の場合、
そのまま繋ぐことができると思います。
ゲインをどれだけ取れば良いのかは、マイクに依ると思うので、
FETのソースに繋がる抵抗値を色々変えてみて下さい。
ギター用だと、私は4.7kにしましたが、ちょっと大き過ぎて
iPodの供給電圧だと歪んでしまうようです。

マイクとギターの切り替えということですが、
それぞれで、ちょうどいい抵抗値をみつけて、
それをスイッチで切り替えるか、ボリュームにして
ゲイン調整するかが良いと思います。

ただ、そうすると小さいジャックに納めることは無理になりますね。
2個作るという手もありますが。

もし、プラグインパワー式のエレクトリックコンデンサマイクを
使いたい場合だと、このままでは使えません。

そりでは。

感謝

ご連絡いただいて飛んできました。解説ありがとうございます。
半分も理解できぬ電気音痴ですが、お気持ちに感謝します。
その昔100Wのギターアンプの修理をやってみようと思い、でかい容量のコンデンサをプラス、マイナスまちがえてハンダ付けして爆発させたことがあり。それ以来トラウマになってまして...電気のわかる人は神だとあがめています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/197-04ef3208

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu