FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

車は清貧な製品となれるのか。

佐藤浩市は侍のイメージを尋ねられ、”清貧”と答えた。
MarkX2.jpgMarkX1.jpg


先日縁有って、TOYOTAのマークXのマイナーチェンジ発表会を観てきた。
この車のキャッチコピーが侍(サムライ)ということで、メインキャラクターを勤める
佐藤浩市が公開インタビューに答えたものです。

この頃"侍"というキャッチコピーを目にすることが多い。
サムライジャパンとかね。
きっと目標に向う、ある種のストイックな部分がイメージされているのかな。
今回発表された新キャラの伊勢谷友介が演じる、あの"あしたのジョー”実写版の
力石徹、それこそぴったりだ。

冒頭の佐藤浩市の答えもそれを意識したものだろう。
(ま、所謂"武士は食わねど高楊枝”みたいなもんか。)
ただ、車に対して清貧とはどういう意味になるのか。
ちょっと考えてしまった。

足ることを知り、潔さを持つ車とはどんなものなのか。

マークXは、もう少し余裕を持った雰囲気の車だと思う。
ゆったりとした収納、運転空間。余裕のエンジン。
そこはとても快適な雰囲気だろう。

最低限の運搬能力と安全性があれば走りさえすればいいという
部分から、どれだけ快適さへシフトするのか。

なんだか凄く考えてしまった一日だった。

いつかはマークIIだっただよね。僕らの世代は。
この快適なマークXを乗る日が来るのかな。

MarkX5.jpgMarkX4.jpg

サムライをイメージした車というものに対する
トヨタの回答をもう少し観てみたい。
関連記事

iRigを作ってみた。その3 いろいろ雑感«  | HOME |  »Kurt Rosenwinkel再来日

コメント

身内がトヨペット勤務だったおかげで
GX71、81と現在のクオリスワゴンと
マークIIファミリーは三世代乗りました。
こちらは雪国なので71、81のFR車ではきつかったです。
クオリスはフルタイム四駆なので雪道無双ですけどね。

侍は、馬じゃなきゃあ、ね!

僕の父がトヨタ党でMark Xに乗っていますが、物自体はいいです。

ただ、トヨタという会社が侍を語っているのを見ると、失礼ながら失笑を禁じ得ません。どうみても商人だよね、君ら。しかも両替商的な。というのが僕のトヨタに対するイメージです。

じゃあ、どこの自動車メーカーが侍なのと聞かれると、そりゃ在りし日の富士重工でしょうと答えます。そんな僕は昔のホンダが好きでした。

>l5triggsさん
どもども。雪国での4駆はやっぱり凄いですよね。
仙台にいたとき、大雪でスタッドレスでも動けなくなったFRを尻目に
スイスイ発進した4駆をみて、こりゃすげーと思った覚えが有ります。

>KUMARAMONEさん
ま、馬というか、なんというか侍というコピーは
なかなか難しいと思うのですよ。

>たてべさん
車のメーカーに対するイメージって人それぞれですが、
生産者としてのトヨタはやっぱり一流だと思うのです。
技術屋から言うと、あの車の色の管理からして
ちょっと他とは桁が違うと、、

ただ、まぁその、ねぇ、、
いやぁ、Fender USAのあの適当な生産管理でも
なんか当りが出ちゃうし、結構良い確率出しますしね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/213-22205bde

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu