FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Rolandはもういいです。Tokyo Guitar Show 2012

昨日はいつもの秋葉原宴会バンドでしこたま呑んで、人間じゃなくなりました。

二日酔いで気持ち悪いし、随分迷ったんだけど行ってきました。
Tokyo Guitar Show 2012
今回は渋谷での開催。ビッグサイトより近くていいんだけど、駅から結構歩くんだよね。
オジさん、二日酔いだからさ。ちょっとめげるのだ。
かなりヘロヘロになって会場に到着。
一つ前の女の子がアンケートで賞品の弦を当てたのを横目でみながら
私も抽選に挑むが当然の残念賞。ピック貰う。
"えーと、お嬢さん、それ要らないなら私が頂きますが、、"と声をかける度胸も無く
取りあえずノベルティ狙いでRoland & Fenderのブースに行く。

いやぁ、相変わらずのヘッドフォン試奏だ。

こうなると結構不気味な試奏軍団を横目でみながら、
スタンプラリーでステッカーを貰う。まぁね、要らんけど。

別会場のギター展示会場は今回は結構広いですね。
ゆったりした感じで実際に買うには良い環境ですね。買わんけど。
いつもはアコギはTaylor中心のメーカー展示なんだけど、今年はディーラー展示も有りました。
その中でも、やはりTaylorは品数も多いし、スタッフが凄く親切で、
僕のような冷やかし専門でもドンドン試奏させてくれます。
これもどうぞ、こっちも弾きますかとなんだか凄い量弾きました。
材質、ボディシェイプでやはり音が違うんですね。参考になりました。
その中で、気に入ったのが一番小振りでローズ側板のモデル。
TGS2012_7.jpgTGS2012_5.jpgTGS2012_6.jpg
低音域のモタツキが無く、それでいて深みのある感じが良いのですが、
お値段も結構しますね。でもTaylorは弾き易いです。

さて、この後ビンテージエレキ系のディーラーを観たんですが、
うーん、まぁ嫌な感じのお店も有ったりして、余り面白くなかったんですが
このLevinのフルアコは良かったです。
TGS2012_2.jpgTGS2012_3.jpg
TGS2012_4.jpg
Jesse Van Rullerで有名になったメーカーだけど、弾くのは初めてでした。
生音はかなり枯れた感じで、ストレスを感じない弾き易さ。
Petersonのアンプで鳴らしてみると、意外にパワーが有って芯が有る。
もう少しアコースティック感が有っても良いかなと思ったけど、
悪い音じゃないし、デッド、ハウリングポイントも少ない。
あの値段(20万位)なら買いだと思いました。

最後に、恒例のコルグのアウトレットで大安売りのPRSシールドを買って帰りました。

なんだかんだ言っても楽しかったです。

でも、Roland & Fenderはもういいや。


関連記事

DACを作ろう その1 ”USB Audio I/FとしてのPOD"«  | HOME |  »取り残されて、ひっそりと待つもの

コメント

ギターショウは誘惑が多く、二日酔いで行くようなところではないと思いますが、いかがなものでしょう?
別記事でも触れられていましたが、僕もギターもしくはギターアンプの試奏にヘッドホンは絶望的に合わないと思います。何度か試してみましたが、イコライザ程度ではどうにもなりません。苦痛でした。最近のヘッドホンアンプは、マイキングした伝達特性でも畳み込まれているのでしょうか。

最近はGibsonがCream時代にクラプトンが使っていたようなES-335を出していて、地味なルックスが気に入っているのですが、結構いい値段がするんですよね。

>たてべさん
厳しい精神修行の成果で、展示会における物欲を自由にコントロールできるようになったんですよ。
えぇ、物欲が現れたら、同居人のオニの形相を思い浮かべるだけですけどね。

それはさておき、PODなんかはそれこそ、マイク、キャビネットの
インパルス応答の畳み込みをやってますから、そこそこリアルです。
ただ、なんというか、ヘッドホンで良い音がしたからと言って、
そのギター、アンプを購入したくなるのかねぇ?と思うのですよ。
録音専用ならまだしも。

アコギすらヘッドホンで試奏させる、昨今のメーカの考えることは
わたしには判りませんが、、

クラプトンの335って63年ですかね?
Reissueでも、オニの形相が浮かぶ値段なんでしょうね。

実は、今友人の70年代GrecoのES335モデルを直しています。
これがまた枯れて良いんですよ。物欲は厄介ですなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/253-85508b99

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu