FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

'12 今年買って良かったモノ ”ハードウエア" 編

12月に入ると流石に色々考える訳で、反省なんかもしてみたりする。
あー、また物欲を抑えきれませんでした。
ということで、物欲の纏めシリーズ"買って良かったモノ"を今年もやります。
第一弾は、ハードウエア編です。

まずは何といってもこれ、POD HD Desktopです。

これまでPODシリーズはあまり興味が無かったんだけど、HDモデリングの評判が良かったのと、
Audio I/F機能でPCとの連携により練習環境が組めると思ったことが購入の動機。
何といっても、Gibson EH-185のモデリングが素晴らしい。
Jazz向けと思われるAmpはfenderのデラリバや、Vox系なんかも勿論搭載されてるんだけど、
この辺りはどのアンプシミュレータにもある訳で、特にPOD HDに拘らなくても良いかなと。
ただ、僕の知る限り、EH-185のモデリングはPOD HDだけのはず。
この EH-185の音色が素晴らしい。ウォームで少しだけ歪んだオーセンティックな
Jazz Guitarの音色が得られます。もう少しヘッドルームに余裕が有ると良いんだけど、
歪むギリギリの辺りの音色はフルアコに最適。コレだけで購入する理由になります。
あと、Mクラスエフェクトが揃ってるんで、オプトコンプLA-2Aが使えるのも凄く嬉しい。
そろそろブログでもPODを詳細にレポートしてみたい。

ただ、PC向けAudio I/Fとして考えると、PCが生成する音源とPODによるギターの
音量バランスが取り難いとか、普通に音楽聴くだけでもPODが必要とか色々問題が有った。

そこで購入したのがコレ。上海問屋の安売りDACであるDN68854
DAC2.jpg
実際には右の写真のようにケースを入れ替えて、中のLPFも組換える等の改造済み。
同軸、光の2入力の切り替えも便利だし、現在はPCの光出力をDACしてAMPに送っている。
DAC自体は廉価版のLSI(CS4344)だけど、192kHz 24bitまで行けるし、
音色はフラットで妙にステレオ感が広がる感じ。
安いし、改造も含めて凄く楽しかったので、お勧めという意味では今年一番です。

DACを作ろう その2 ”中華DAC DN-68854を覗いてみる"

最後はAudio Technicaの廉価版カートリッジ AT100E


レコードを聴く機会は確かに減ってるんだけど、レコードしか無い音源も有るし、
PCMレコーダを使って電子化するときに大活躍中なのがコイツ。
廉価版にありがちな大雑把な感じが無くて、意外に奥行きが有るし、
少しだけメリハリが有る方向なのが使い易い。

まぁ今年も色々買いました。
これが働く意欲になるのなら物欲も良しとしますか。
関連記事

'12 今年買って良かったモノ ”本«  | HOME |  »私がMDR-1Rを選んだ理由 華麗ならざるヘッドフォン遍歴

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/268-8f77bd22

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu