FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Mick Goodrick 超絶悶絶 Voicing その2

前回の記事は"誰が読むんだこのセミナー"と題して、Guitar Magazineの
歴代マニアックセミナーを紹介した訳だが、譜例もなにも無い状態で紹介しても、
誰の役にも立たないなと。
というか、”お前のブログのほうが誰が読むんだ?”となるよね。

居直りました。反省した。

自炊したJazz Lifeを観ていたら、Mick Goodrickのインタビューがなかなか面白かった。
自分の出した教則本"The Advancing Guitarist"の宣伝に御熱心なのだが、
昔はトラばっかりやってたという話がシミジミするんだよね。
Mike SternやBill Frisellの代役が多かったらしい。
”ツアーなどで誰かが行けない時などによく仕事を取ってる”って
ドヤ顔で言われてもなぁ。いや、凄いことはホントに凄いと思うが。
因に、The Advancing Guitaristはリットーミュージックから奇蹟の訳本が出たので、
どうせ、直ぐ廃刊になると思うから買っておくことを薦めておきます。

前人未到の即興を生み出すギター演奏の探求前人未到の即興を生み出すギター演奏の探求
(2012/07/25)
ミック・グッドリック

商品詳細を見る


前にもMIck GoodrickVoicing記事を紹介したことが有るが、
Mick Goodrick 超絶悶絶 Voicing
このインタビューでも超絶なVoicingを披露してるので、譜例付で紹介してみる。
Jazz Lifeはもうバックナンバーは手に入らない状況だしね。)

先ずは、所謂I-VI-II-VのVoicingから

最低音はルートモーションなんだけど、上声部が半音進行のコンスタントストラクチャー。
A7,G7ではMajor7thの音が出てくるんだけど、コンスタントストラクチャーのおかげで、
違和感が薄れているのが特徴。このアイディアは以降でも多用してる。

次は、Stellaの最後8小節。


これも前半4小節はコンスタントストラクチャー。最後はGのMelodic Minorから派生するBbM7(#5)。

最後はFalling Graceの頭4小節のリハモ。

正直これだけ聴いてもFalling Graceには聴こえないけど。
前半は、下声部を下降させた対位法的なVoicing
後半はこれまたトライアドのコンスタントストラクチャー。

しかし、前回の記事ではMick先生の
”コレでバンド馘になっても知らんぞ”という有り難いお言葉がありましたが、
今回も十分、馘の危険性の匂いがプンプンします。

ということで、お盆休みを締めくくる真面目な記事でした。
関連記事

私的オススメ USB DAC«  | HOME |  »"誰が読むんだこのセミナー" in Guitar Magazine

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/288-48a050e7

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu