FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Kendrick Scott Oracle at Cotton Club Sep. 11 2013

今年6月に観たMike MorenoのLiveがすごく良くて、

Mike Morenoをカモメで観た。

また観たいなぁと思っていたら、今度はKendrick ScottOracleで来日。
しかも、Oracleのフルメンバーで来日となれば観に行かねばなりません。
ということで、行ってきました。

KENDRICK SCOTT ORACLE
2013. 9.11 2nd Set

MEMBER
Kendrick Scott (ds), John Ellis (sax), Taylor Eigsti (p),
Mike Moreno (g), Joe Sanders (b)

Set List
1. Pendulum
2. Apollo
3. I Have A Dream
4. Liberty Or Death
5. Mantra
6. Cycling Through Reality
Encore Serenity

一緒に行ったご近所のtitoさんが、なんと待ち行列1番を確保してくれて
席を選び放題だったのです。
案内の人が"ヤッパリドラムの前が良いですか?”と訊くのですが、
此処は当然、
”ギターの前をお願いします。(キリッ)”
ですよ。
Mike Morenoの機材は、アンプがPeaveyからFender デラリバに変わった位で
Kamomeのときとほぼ同じ。あ、ケンタのODからなんか赤いヤツに変わってたな。
ギターは勿論マルキオーネ。(Mark Whitfieldは怖くて日本には持ち出さないようですが)
Oracle2.jpgOracle1.jpg

Mike Morenoは、所謂伴奏的なものではなく、曲にテクスチャーを加えるような弾き方でした。
小指か人差し指で音を保持しながら、残りの指でカウンターラインを弾く感じ。
何というか、アルペジオとオブリガードの間のようなバッキングです。
これに、貧乏揺すり的ボリュームペダル操作でトレモロニュアンス(フェンダーローズのアレ)を
付けたり、delayのホールドを使ったエフェクトを入れたりしてましたね。

勿論ソロになれば、スイープ奏法っぽいカッ跳びフレーズ満載でした。

ただ、バンド全体として、すこし散漫な印象を持ちました。
同じドラマーリーダーのfellow shipに較べると、問答無用に持って行くような感じが弱い。
曲がちょっと弱いのかなぁ。カッコ良いんだけど、終わってみると結局メロディ憶えてない。

Mike Morenoも前回のカモメでもちょっと感じたんだけど、神経質そうで
なんかイライラして機嫌悪かったのかな。
当日のTwitterで”きのうはちょっとLag(時差ボケ?)だった、でも大分良くなった”
とか言っていたけど、回復してなかったのかな。

そうはいってもブルックリン派らしい美味しいフレーズ満載で、
取り敢えずこの人をコピーしてれば、新しめのフレーズネタには困らない気がする。

なんか、こんな食指をそそる本が出てますが、

NEW YORKジャズギター・スタイルブック CD付NEW YORKジャズギター・スタイルブック CD付
(2013/09/17)
石沢 功治

商品詳細を見る


これを参考にフレーズ追ってみようかな。

因にCotton Clubの酒の量は寂しかった。
呑めー、食えーって店員が来るんだけど、この量じゃ頼む気が起きません。
Oracle3.jpg


というかさ、高級ジャズライブ系のお店の皆さん、
ギター前の席の男に、オーダーの期待は無駄だ。

関連記事

実験くん Oyaideの短尺セールは楽しいのです。«  | HOME |  »私的オススメ USB DAC

コメント

おお!
行きましたか!
このバンドのCDカッコよかったですからねぇ。
やっぱアンプはレンタルなんでしょうね。
コットンクラブのサイトで動画が見れますね。

追記です。
足元の赤い個体ですが、ケンタの回路やパーツを受け継いだ、Klon KTR じゃないでしょうか。
ま、ケンタと全く同じものですね。
これは比較的入手しやすいみたいです。(高いけど)

>ガーシャさん
若干機材は変わってましたが、出音にはそれほど影響が無い感じです。
ただ、Mikeは全体的に調子が悪かったんじゃないかなぁ。
練習不足なのか速いパッセージは、指が追いついていないし、
前回の自分のグループでの来日のほうがずっと良かったです。

まぁそうはいっても、ウヒャー、スゲーっていう瞬間は有るんですけどね。

最後、汗まみれ(?)のTaylor Eigstiに肩に手を回されたとたん、
反射的に手を払い退けてたのが印象的でした。
ヤッパリ神経質なんだな、きっと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/290-7c532bb8

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu