FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

AR305AVはイバニーズで、大学生の私

大学入学時は、私営の寮みたいなところに入っていたんだけど、
やっぱり一人暮らしがしたくて、2月くらいにアパートに引っ越ししました。
そんとき、親がこれで家財道具一式買いなさいって、お金を仕送りしてくれた。

冷蔵庫、洗濯機、テレビ、暖房具から食器、調理器具まで、
まぁ、何も持っていなかったからね。
しかし、目の前の万札を見て冷静ではいられませんでした。
”これで、あのギターが買える”

で、万札握りしめて楽器屋で買ったのが、イバニーズのAR305でした。
(まぁ、我々世代はIbanezはイバニーズですよ。)
AR305-1.jpgAR305-2.jpg

当時の日本ギター業界は、コピー物からオリジナルデザインへ脱却しようとしていて、
その筆頭がYAMAHA SGシリーズと、このARシリーズ。
実際には、Fusion、いやCrossoverブーム時に、高中正義、カシオペアとエンドースした
SGの一人勝ちだったような気がします。

当時からヒネクレていた私は、皆がSGならオレはARを買おうと。
更に王道のAR300ではなく、バリエーションモデルのAR305を選びました。
AR300は、Les Paul Standardと同じメイプルトップ+マホガニーバック。
それに比較して、AR305はパールマホガニートップでした。
甘く太いと言われるマホガニートップですが、塗膜が固く厚いポリ塗装のせいか、
意外に固めの音色でしたね。

トライサウンドと言っていた、パラレルーシングルーハムの切り替えスイッチの御陰で
守備範囲が広く、この頃からのIbanezお家芸の薄いネックでもの凄く弾き易い。
いやぁ、この後の大学4年間、もう、弾き捲りました。
サラリーマンになってからは本番で弾くことは無くなってしまったのですが、
今でも、仕事場の置きギターにして、お昼休みによく弾いています。

この年代辺りの日本製ギターは、ジャパンビンテージなんて呼ばれて妙に人気があるみたいですね。
法外な値段でやり取りされるのはどうかと思いますが、指板のエボニーのクオリティとか、
この後の年代に比較すると、2、3倍の価値が有るのも確かです。
(先日のギターショーで復刻版のAR305が出展されていましたが、25万くらいの値段でした)

因に、仕送りを使い込んだ代償は大きく、
2月の極寒の仙台でストーブ無しの生活を強いられました。
寒くて、1日中布団に潜って過ごしました。手がかじかんで本のページがめくれない有様。
当然、ギターなんか弾ける訳が無く、布団から眺めて過ごす日々が春まで続きました。

あの時布団の中で唄った、”春よ来い”は、歩き始めたミヨちゃんより切実だったのでした。

関連記事

モレノ三昧 その1 Mike Moreno Live At 新宿Pit Inn«  | HOME |  »Mike Stern Guitar Clinic

コメント

これまたいいですねぇ!
アバクロとか使ってなかったですか?
それにしても綺麗に使ってらっしゃいますね。

>ガーシャさん
そういえばアバクロも使ってましたね。
Pat Methenyの変則チューニング12弦も、
これの12弦モデルだったと思います。
とにかくポリ塗装が厚くて、木材の選択が余り意味が無いギターでしたが、
その分ピックアップの音色が素直に出て、使い易く愛用してました。
極薄のネックなのに、012ゲージでもびくともしません。

ガーシャさんのギターコレクションは王道で羨ましいです。
僕もギブソン欲しいなぁ。(1本も持ってないのです。)

ご無沙汰していましたアステロ62年組です。懐かしいですね。サークルではもちろんバカラッシュさんのトレードマークでしたが、他に同じギターを弾いている人は見たことがなく、バカラッシュさんが他のギターを弾いているところも見た記憶がありません。音色も思い浮かぶくらいです。でも機種としては音色のバリエーションが広かったんですね。

>Tazoさん
お久しぶりです。
大学のときはこれ一本でしたからね。
トライサウンドスイッチって、実際には音色の傾向は変わらないんですよ。
ただ、ニュアンスが変わるというか、、
下が削られてカッティング向きなるのと、
少し太くなってノイズが減るのと、
本来のハムバッキング音色が有るんですよね。
よく有る、弾いてるヤツしか分からないという気もしますが。

僕は58年組になるのかな?
50年前半の世代は結構会って呑んだりしてるみたいですよ。

失礼します、先日は本当にありがとうございます。
私の時代もイバニーズです、と言うよりアイバニーズと知って長年間違っていたと恥ずかしい思いでした。

でも、やっぱりイバニーズと言っていたのを知ってホッとしていますw。

> yotaさん
コメント有り難うございます。 PGの修理うまく行くと良いですね。
今更、アイバニーズと言われても、オッサン世代には違和感有りまくりですよね。

良ければ、たまに覗きにきて下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/318-655823b2

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu