FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

モレノ三昧 その3 Guitar Workshop メロディー編

さて、Mike Moreno Guitar Workshopのレポートは、今度はメロディー関連を紹介してみます。
コードワークの時はルバードで弾いていましたが、一転してメトロノームを鳴らしてのデモに。

先ずは、Confirmationのテーマを弾く。
この手のバップ系のテーマってギターじゃ難しいんで、細かい節回しを簡易化しちゃうんだけど、
ここでは、全く誤摩化し無し。
彼曰く、左手の運指をきちんとして、テンポ、タイミング、節回し全て正確にすることが
メロディの練習の基本とのこと。
所謂プリング、ハンマリング等のレガートテクニックは、ここでは皆無でした。

所謂スケール練習をやらなくても、この手のテーマで基礎練習をすれば十分ということでしょう。
”メロディーを本当にきちんと弾ければ、ソロだって弾けるんだ”
という言葉が印象的でした。

この後、マンネリの打開法についての質問が有りました。
彼は、”ギタリストの演奏を聴かないで、他の楽器を聴くのが良い”という答えの後、
ギタリストは同じポジションで演奏しがちだけど、管楽器のようなフレージングをするために、
ネックのポジションを大きく使うようにするというアドバイス。

幾つかポジションを大きく使ったフレーズを弾いてくれたので、採譜してみました。
特にアウト系では無いんだけど、速く弾くとカッ跳び系に聴こえるんだよなぁ。







最後のは彼が多用する所謂スイープ系のフレーズ。
細かいコードアルペジオを繋げているんだけど、微妙に拍の頭をずらすのがミソ。

この後も、ピアノと演るときに注意点は?
(音量もボイシングも、ピアノとギターで一つのサウンドになるように考えてる)
とか、マルキオーネシリーズの紹介とか、もう盛り沢山のクリニックでした。
最後にサインをしてくれたんですが、日付を間違えて済まなそうにしてたのが印象的でした。

今まで、色々な人のクリニックを観ましたが、一番面白いクリニックだった気がします。
このところ、指で弾くことが多かったんですが、彼みたいにもう一度ピックを持ってみようかな。

いや、それで弾けるのかというと、別なのは判ってるんですけどね。
関連記事

Last Call«  | HOME |  »モレノ三昧 その2 Guitar Workshop at 青山 Body & Soul

コメント

モレノ様のイベントレポート楽しく読ませてもらいました。

彼はトレーニングとしてチャーリーパーカーオムニブックをヤリまくってるらしいですね。フレーズもところどころパーカーの曲のテーマっぽいのも多用してる気がします。

マンネリ打開法はハ○ルさんも同じことおっしゃってましたね。私もその影響かジャズギター以外(ピアノやらクラシックやら打ち込みものやら)聴いてる時間のほうがおおいです。

次はBenMonderやLageLundあたりのクリニックあったらみたいですね・・・

>Tangoさん
違う楽器を聴くというのは、よくあるアドバイスなんだとは思うのですが、
具体例として、色々弾いてくれたのが有り難いところです。

とある米国の雑誌にMike Morenoのフレージング研究記事が載っていたのですが、
ひとつの運指パターンを平行移動(短三度が多い)した
II-Vフレーズが紹介されていて、
こちらもなるほどなぁと思ったのです。
結構、システマチックなんですよね。彼は。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/321-5d0809e0

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu