FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Guitar Trioを観る その2 Wolfgang Muthspiel Trio

ギタートリオライブの第二弾はWolfgang Muthspielです。
前回はWolfgang MuthspielとLarry GrenadierとのDuoでしたが、
今回はJeff Ballaedを加えた待望のトリオフォーマット。

泣く子も黙る大名盤のRealbook StoryのMarc Johnson & Brian Bladeが観たかったというのが
正直なところですが、いやいや何と言ってもメルドートリオのリズム隊ですから、
こちらも大期待でCotton Clubに向いました。

Wolfgang Muthspiel Trio at Cotton Club 2nd set Jan. 24, 2015
Wolfgang Muthspiel (g), Larry Grenadier (b), Jeff Ballard (ds)

setlist
1. After 6
2. Double Blues
3. Madame Vonn
4. Sunspot
5. ? (Vocal Tune)
6. Amelia
Encore Highline

Wolfgang1.jpg Wolfgang2.jpg

入口付近は予想外の行列。
”おー、人気出たんだなぁ。”と思いきや、行列は隣のレストラン(?)でした。
当初は、寂しい集客でしたが、時間とともに満席に近いところまで席も埋まりました。

いきなりAir, Love & Vitamins(!!)のAfter 6。
有り難や、有り難や。眼福、耳福。
Madame VonnはアルペンスキーヤーのLindsey Vonnのことらしいです。
彼はアルペンスキー観戦が好きらしく、世界選手権3位の竹内智香のことも知ってました。

ここからガットギターに持ち替えてました。
前回も思ったのですが、ジャズギタリストの中で、ガットギターはNo.1なんじゃないかと。
とにかく音が素晴らしい。ナンチャって感が全く無い。

そのまま恒例のボーカル曲。
最後は何と、Joni MitchellのAmelia(インスト)でセット終了。

Encoreは最新アルバムのDriftwoodから、Highlineでした。
この曲に限らずDriftwoodって、少し地味な印象を持っていたのですが、
緊張感が有って、凄くライブ向きの曲でした。
大体、あんな長尺のフレーズをルーパーにリアルタイムで突っ込んでくるか?
この人のループって、ギミックじゃなくてちゃんと曲のパートになってるんだよなぁ。

いや、とにかく凄かったです。
なんというかモノが違う。怪物のような技量。
出したい音と弾ける音が完全に一致してるんだよね。
前回のDuoも良かったですが、今回のTrioはもう圧巻でした。

家に帰って、久し振りにAir, Love & Vitaminsを聴きました。
あー、素晴らしい。

Air, Love & VitaminsAir, Love & Vitamins
(2004/06/14)
Muthspiel、Johnson 他

商品詳細を見る

関連記事

Rocktron Compressor 300Gを覗く«  | HOME |  » Guitar Trioを観る その1 Matthew Stevens Trio

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/332-c3f92ff3

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu