FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Batt-O-Meterを作ってみる

エフェクタをACアダプタで駆動すると、どうしてもリップルや
電源経由のエフェクタ間のノイズの回り込みとかが問題になってくる。
それで電池駆動に拘る人もいるんだと思うんだけど、電池切れのリスクが有る訳で、
バッテリチェックが必須になる。

エフェクタから電池を取り出して、テスタなんかで電圧チェックすれば良いんだけど、
ハンドメイド系のエフェクタなんかだと、裏蓋のネジを外さないと電池にアクセスできないので、
チェックするのも大変だよね。

たまたまネットで見つけたエフェクターのバッテリチェッカが有りました。

Keith McMillenのBatt-O-Meterという製品です。
エフェクタの入力ジャックにプラグを差し込んで、内蔵電池の状態を表示するモノらしい。

大半のエフェクタはジャックが電源ON/OFFを兼ねている。
これはステレオタイプのジャックを使って、回路のGNDをジャックのリング端子に、
電池のマイナスをジャックのGNDに繋いでおく。
そこに通常(モノ)のプラグを差し込むと、ステレオのリング端子とGND端子間がショートして、
電源が接続される仕組みだ。
ここにステレオのプラグを差し込み、リングとGND間の電圧を計れば電池電圧が測定できる。

(* 電圧計は大抵抗と見なせるので、エフェクト回路には殆ど電流が流れない。
 従って、エフェクト回路での電圧降下がほぼ無視できるので、
 回路のGNDには、電池の電圧がそのまま現れるという原理です。)

使用中のIKEA電池を使って実験してみました。電池単体は8.98Vでした。
Batt-O-Meter1.jpg
電池をエフェクタに入れた後、テスターにステレオプラグのリング、GNDを配線して測定。
(多くのデジタルテスタは極性どちらでも測定してくれます。)
Batt-O-Meter2.jpg Batt-O-Meter4.jpg
この時の測定値は8.96V。回路の電圧降下が少し有りますが、電池電圧測定には使えそうです。
因に、テスタを電流計にすると回路の消費電流(7.33mA)が計れます。
Batt-O-Meter3.jpg
電流計の端子間ほぼ短絡状態になるので、今度は回路が普通に動作しています。
(エフェクトLEDが点灯してますね。)
ACアダプタは最大供給電流があるので、消費電流を計測して最適なACアダプタを選択出来ます。

デジタルテスタは数百円で買える時代なんで、ステレオプラグと接続して、
Batt-O-Meterモドキを作ってしまっても面白いですね。


因に、僕のテスターは周波数カウンタが付いているんで、
ステレオプラグのチップ端子を使って、ギターに繋いでみました。
デジタルチューナーになるかなと期待したんですが、流石にカウンタを駆動できなくて、
不安定で使い物にはなりませんでした。

こうなったら、受け用のバッファを組み込むか、
それとも、低周波発信器でシステム断線チェック機能を入れるか。
テスタって抵抗測定用に電圧を供給できるんで、これを電源にすれば
電池測定には使わないプラグのチップ端子に色々仕込めそうです。

仕事でテスタなんて飽き飽きしてるのに、なぜ趣味だと楽しいのでしょうか。
関連記事

Guitar Trioを観る その3 Wayne Krantz Trio«  | HOME |  »Rocktron Compressor 300Gを覗く

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/334-db07de85

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu