FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Adam Rogersは無関心を装う

Adam Rogersはカッコ良い。
それこそフォームということでは結構真面目にマネしてみたりしている。

Adam Rogersになりたい。

勿論フレーズだってカッコ良いんだ。

それなのに、何故かライブを観ると彼の印象が薄い。
カッコ悪いんじゃなくて薄いんだ。バンドとしての演奏にちょっと距離を置いてる感じ。
特に、2ギターのときの相手に対して、何というか無関心を装う。
”ふーん、まぁ、なかなか良いんじゃないの君の演奏”
みたいな。実はバリバリ意識してる感じが見え見えなンスけど。



Nir FelderのスゲーソロのバックのAdam君。イヤハヤナントも。

先日のJohn Patitucciの時もここまで露骨ではないんだけど、
なんか、Steve Cardenasに対してちょっと冷たい感じ。

ヤッパリAdam Rogersは1ギターバンドかなぁということで、
先日、長らく品切れ手配中のコイツが届いたのでありました。


なんとジャズメンスタンダード集。
スイマセン。Adam様。
F.HubbardのSkydive、すげぇカッコ良いです。

My Shipでは、抑制の利いたテーマから、ウネウネ、ニュルニュルしたソロ。
ピアノが居ない分、自由なコンピングが凄く良く聴こえて痺れます。

Chris PotterのUndergraoudバンドより、こっちの方が良いなぁ。
David Binneyの前作もお勧め。
ただ、こっちはWayne Krantzとの2ギターなんで、Adam君、若干ヒネてますが。


ギタリスト同士って、微妙に意識し合うよね。
特にセッションとか、初めてのお店とかでのお互いの探り合いみたいな。

仲良くなるとギター弾きながら呑んじゃうんだけどね、、
”高校の頃、コレやったよねー” ←大体Zeppelinを弾いてる。
関連記事

横須賀ドブ板通りのJazz 村山義光 Solo Live«  | HOME |  »John Patitucci Electric Guitar Quartet at Cotton Club, May 29 2015

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/341-168c2bf9

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu