FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Three For Three

基本的にギタリストって保守的なんだと思う。
楽器だって、未だにビンテージ、真空管信仰だし。
ベーシストは、スタインバーガーのようなヘッドレスモデルや、D級アンプなんかも、
割と抵抗無く取り入れたのにね。

ただ、この頃のジャズギターはオーセンテックなスタイルから
少し新しい流れに移行してきてる感じ。
カートのCaipiのようなワールドミュージックぽい感じとか、
Matt Stevensのポストロックとか。

すまん。正直言うと苦手なんだ。よく判らんのだよ。
もうオジさんね、感性がね、古いのよ。オールドスクールで良いや。

Mike Morenoの新譜は、そんな私が待ちに待ったギタートリオでした。


自作曲無し。
ただ、所謂スタンダードもApril in Parisだけで、ShorterのThe Big Pushとか、
Mulgrew Miller(!)のFor Those Who Doといった、所謂ジャズメンスタンダードからの選曲。
しかも、ちょっと捻った選曲だよね。
で、一応新しい流れのほうも、Radioheadを選曲してる。

こういうのを待ってたんだよね。
勿論古くさい訳ではないけど、あくまでもジャズ、ジャズギタートリオなんだ。

元々Mike Morenoってスタンダードをよく演奏してくれるんだけど、
そのままってことはなくて、強力にアレンジしていて古い感じは無かったんだ。
First in MindのAirginなんかはライブでも演るけど、
アレンジ凄すぎて、バンドとしては崩壊気味だもんなぁ。

今回のApril in ParisもGペダルのイントロがカッコいい。
Dm(b5)-C-B-G7-Gdim-Cみたいな進行で、
トップノートがF-E-D#-D-C#-Cと半音で動くのかな。
パクろう。

斬新な自作曲を演るということは、プレーヤーとしての基本的欲求だと思うし、
新しい方向性を模索したいというのも当然の流れだと思う。

だけども、取り残されたオッちゃんにはよく判らんのだが、
オーセンテックなJazzの枠組みでも、まだまだ可能性があると思うのです。


Mike Morenoカバーもの
ライブでコレみたいなぁ。

関連記事

Woody'N You Mike Moreno Guitar Solo«  | HOME |  »ピック選手権

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/401-e63aa374

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu