APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

シンメトリックオーギュメント?なにそれ?美味しいの?

このところ結構真面目に練習しているのだ。
年末に雑誌の整理をやっているときに、この頃流行のスケールということで、
シンメトリックオーギュメントが紹介されて、弾いてみたらちょっと面白いなぁと。

考えてみたら、コンディミ位しかスケール練習なんてしてないよな。
(オルタードとかはフレーズで覚える感じだから)
ま、正直私にとってのコンディミって、
Half Note Vol.2 / Wes MontgomeryのMistyと、
(テーマサビの最後Am7(b5)に行くE7のフレーズ)
Live77 / John ScofieldのSoftlyのテーマ後のピックアップフレーズなんだよね。


閑話休題っと。

シンメトリックオーギュメントって、半音ズレたオーギュメントトライアドの組合わせらしい。
C SynAug = Caug + Baugなんで、C,Eb,E,G,G#,Bの6音スケール

個人的には、半音ズレたトライアドからなるスケールというと、
Am+AbmのA,B,C,Eb,E,G#の6音スケールを、
Aハーモニックマイナーの代わりに使うというのが好きなんだ。
元ネタをばらすと、AB'sという日本のスタジオミュージシャンバンドの1stに
Asian Moonという曲が有って、松下誠さんのソロで使っていたフレーズ。
いや、もう凄いカッコ良いので、聴いてみてね。
(Apple Musicで聴けるよ)

閑話休題っと。

シンメトリックオーギュメントの練習で、今試行錯誤してるのはm7(b5)での使い方です。
例えば、Bm7(b5)だったら、Bロクリアン = B,C,D,E,F,G,Aの代わりに、
b5にあたるFのシンメトリックオーギュメント= F,G#A,C,C#,Eを使う。
Bm7(b5)の3rdのDが無いんで、あんまりマイナー臭くない。
IIm7(b5)-V7で使うよりは、進行感があまり無いm6(All of Youの冒頭のAbm6みたいな)を、
m7(b5)に転換してつかう感じ。(Abm6 -> Fm7(b5) -> B SynAug)

カートが使ってるらしいんだけど、代表的なフレーズってどんなのなのかしら。
これがシンメトリックオーギュメントだよっていうフレーズがあったら
教えて頂けると嬉しいです。




今って、Half NoteのVol.2って無いのね?
Vol.1.2を纏めたのが売っているらしい。
Willow Weep for Me分はどうなってるんだろう。

関連記事

星は無く聖書は闇なので、先生を探すのです。«  | HOME |  »Jonathan Kreisbergになりたい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/407-cffe77fb

 | HOME |