APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

星は無く聖書は闇なので、先生を探すのです。

昨年は私にしては珍しくライブを演る機会が多かった。
ただ、中々上手く行かないことも多くて、ついつい人のせいにしちゃう。
でもねぇ、結局のところ自分がうまくなれば解決するんだよね。

ということで心機一転で、習ってみようと思ったのです。

私の場合、褒められて伸びるタイプでは無いんだよね。
コレまでの練習の動機付けって、いつもネガティブなものばかりだった。

”見返してやる、見返してやる、あいつを絶対見返してやるのだ”
とつぶやきながら惨めなセッションから帰る。
まぁ、自分でも暗いというかキモいと思うんだけど、
これが一番練習の継続に効く。
先生にいっぱい駄目出しされれば、練習も続くんじゃないかと。

このところ近くのジャズギターレッスンを探しては、体験レッスンを受けている。
しっくり来た先生に習おうと思うんだけど、中々難しい。
レッスンメインじゃなくて、自分で演奏活動している人が良いんだけど、
合わないなぁと感じる人もいるし、、

この前の先生は、”僕、バークリーだから”を連発して、
いやそれは今あんまり珍しくないのではと言うのを我慢して、
はぁ、すごいっすね。とお愛想。

なんか就活に疲れた学生みたいになってきた。
いや、私の場合は、リストラの再就職活動になるんだろうけど。

やっぱりコレまでのように、CDと教則本で練習で良いのではと、、
この頃は学生の頃、一生懸命やった教則本を引っ張りだして再練習している。
DSC00071.jpg
ずいぶん汚れてしまったのだけど、いつもコレに戻ってきます。
コレで練習で良いか。

といいつつ、また体験レッスンの予約を取ったのでした。
Starless And Bible Blackはいつまで続くのでしょうか。
私を導く飛行船はいつ現れるのか、、
関連記事

Celestion Eight 15/8に換装してみる«  | HOME |  »シンメトリックオーギュメント?なにそれ?美味しいの?

コメント

確かにこの頃バークリー卒ってあんまりあてにならないですよね。

>ガーシャさん
バークリーアピールはある種のマウンティングだったんだと思います。
やっぱり合う人に習いたいです。難しいですね。

この本に載ってるミスティの譜面、ハルさんに練習したらすごいためになるよって言われてコピー取らせてもらいました。
PS:1月から転職しました

>Tangoさん
私の最初の先生(大学生の頃)も、レッスン課題にMistyを選んでくれました。
未だに、時々Mistyに戻って練習しますが、本当にためになりますよね。

この本はタブ譜が無いので、正しい運指を見つけるために色々試行錯誤するところがミソなのかもしれません。

この他にも、WesのNo BluesやJim Hallの枯れ葉など、素晴らしい練習材料ばかりです。

あ、転職おめでとうございます。
こちらに来たときはセッションでもしましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/408-4798a746

 | HOME |