APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Celestion Eight 15/8に換装してみる

以前、近くのお店のオーナーから頼まれて修理したら、
そのまま譲り受けたアンプがある。

石は球に負けるのか? 80年代のギターアンプ修理

今は亡きGuyatoneZip355というトランジスタアンプで、
手軽に外に持っていくにはちょうど良い感じ。
ZipAmp1.jpgZip355SP1.jpg

久しぶりに音を出してみると、素直すぎるかなぁという印象。
で、スピーカを交換してみることにしました。
8インチなんで結構安いんだよね。
最初は、フェンダー系を狙ってJensen C8R-8を注文したら、生産遅延で納期未定の連絡。
ということで、British系定番のCelestion Eight 15/8に路線変更しました。
サウンドハウスが代理店なんで凄く安いんだよね。

で、届いたのがこちらです。
Zip355SP4.jpgZip355SP5.jpg

先ずは元のGuyatoneオリジナルスピーカを取り外します。
Zip355SP3.jpgZip355SP2.jpg
基本的にネジ位置、ファストン端子は同じなんで、特に問題なく交換完了。
但し、強力な磁石なんで、ドライバーが吸い付けられて
スピーカーのコーンを破損しないようにだけ注意すればよろし。

Zip355SP6.jpg

早速音出しです。
オリジナルに比べて、ローが減って、ハイミッドにちょっとピークが有る、所謂ギターらしい音。
ローのもたつきが無くなって、特に歪ませたときの纏まりが良い。
クリーンも艶っぽい響きで、リバーブの残響が良く聴き取れるようになりました。

低コストギターアンプのスピーカは、汎用品を流用しているのか、割とフラットなモノになりがち。
流石にCelestionは廉価版でもギター用に音作りしているので、その差は歴然です。

簡単で値段も安い。
回路に手を付けるのは敷居が高いと感じる方には、お勧めの改造です。

さ、これでいつでもお手軽ライブです。
誰か誘って下さい。


関連記事

捨ててこそ浮かぶ瀬もある Final E2000«  | HOME |  »星は無く聖書は闇なので、先生を探すのです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/409-9a571996

 | HOME |