FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2018/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

GOTOH TOMブリッジ サドル交換

ギブソンのギターは、Tune-O-Matic(TOM)と呼ばれるブリッジが使われているんだけど、
実は、ABR-1とNashvilleという2つのタイプがある。
ABR-1は所謂オリジナルのブリッジで、ナッシュビルにギブソンの工場が移転後の新タイプを
Nashvilleというらしい。
一応、Nashvilleは改良品という位置付けで、サイズが大きくなってサドルの可動範囲が広く、
ABR-1で問題だったサドル外れを回避できるよう、ネジ止めになっている。
ただ、やっぱりビンテージ志向っていうか、ルックス的にもABRの方がスリムで人気なんだよね。

パーツといえばGOTOHな訳だが、NashvilleタイプがGE-103で、

ABR-1タイプがGE-104なんだ。

GOTOHはどちらもサドルがオクターブネジから外れない仕組みで、パーツの精度は向上している。
ところが、逆にサドル交換ができないという問題があるんだよ。
ギブソンのブリッジはオクターブネジを回していくと、ネジが外れてサドルが取れるんだけど、
GOTOHはネジ受けのナットに接着剤を塗布していて、ネジが外れないのだ。

ARB-1タイプはサドルのオクターブ調整用の可動範囲が狭いんで、
高音弦側はネック寄り、低音弦側はテールピース寄りになるようにサドルの向きが逆なんだ。LS-50 - 8
でね、010ゲージから011ゲージに変更した時、
全体的にオクターブ調整の位置がネック寄りに移動するという問題がある。
特に低音弦側のサドルの向きが逆なんで、サドル位置が可動範囲から外れてしまう。
まぁ、Nashvilleタイプ(GE103)に変更すれば良いんだけど、やっぱりABR-1に拘りたい。

これまでにもドライバで無理やり外そうとして、ネジやナットをナメる
→ Nashvilleタイプ(GE103)に交換を繰り返していたんだ。

今回、やっとサドル外しに成功した。
GE-104 - 3
秘密兵器はコレ。
GE-104 - 4GE-104 - 5
【ホーザン HOZAN】ナットドライバー D-840-4です。
このナットドライバを使って、ネジじゃなくてナットの方をゆっくりゆっくり回したところ、
なんとかサドル外しに成功しました。
これでサドルの向きを変えて、今度は、ナット、ネジ両方とも同時に締めて完了。
予め、ナットのネジ溝にネジロック剤を塗布しておくのが良いです。
GE-104 - 6
これで、オクターブピッチも調整できました。

オクターブピッチ調整対策だけでなく、GOTOHブリッジサドルを交換したい方、
(このチタンサドルね。)ナットドライバ便利です。


やはり、道具って大事だよね。
関連記事

夏季休暇の最後の日 MDR-1AM2アンバランスケーブルを作る。«  | HOME |  »Pickup雑感 Humbacker編 その2

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/419-2ac90c11

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu