FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ギター雑誌

元々本が好きだったので、ギターを始めた時(80年初頭!)もギター雑誌を良く読んでいた。
この頃のギター雑誌は、どちらかと言うとフォーク、ニューミュージック系がメイン。
Young Guitar誌も南こうせつの隣にVan Halenと野呂一生が載ってるカオス時代だった。
ロック系メインはRockin'fがあったけど、所謂ジャパメタが多くて、
あまり読んでなかったなぁ。

そんな時、米国最大のギター雑誌だったGuitar Player誌との提携を売りに、
リットーミュージックが満を持して発刊したのが、Guitar Magazine。
表紙が渡辺香津美で、フュージョン系アマチュアギターの受け皿として
僕は毎号、それこそ目を皿にして読んだ。
実は創刊号は高校の同級生のs村君に借りパクされたのだが、
やっと古本を入手したのだよ。
ついでに、髙橋信博さんの記念すべきセミナー第一回のタイトルも載せておく。
Magazine - 1 (1)Magazine - 2 (1)

勿論Player誌もあったんだけど、なんかちょっと敷居が高い感じがしたんだよね。
難しい音楽理論が載ってるわけでも無いんだけど、なんでだろ?
この頃のPlayer誌は隔週発刊で、北島健二さんのRock'nRoll HighSchoolという
一曲丸ごとコピーのセミナーがあって、(まぁ、今でもあるんだけど、、)
一曲を3、4週に分けて解説して、その合間に、題材曲を弾くための基礎練習も
紹介しているという、有難い記事でした。

北島健二さんなんでコピーの正確性は抜群で、Room335の記事はもう、
どれだけ練習したことか。

北島健二さんは、ライターとしても引っ張り凧だったみたいで、
フォーク系の雑誌だったGuitarBookのエレキギター向別冊のコピー譜、解説もやっていた。
Magazine - 3 (1)
ソノシート(有るんだよ、そういうのが)が付属してるんだけど、
この中で、Van HalenのSomebody Get Me A Doctorの模範演奏、カラオケがある。
もうね、これが完コピ。健二さんスゲぇ。
因みにこの本の冒頭は、来日中のSteve Lukatherのインタビュー記事。
例の青いジャンパーのルカサーの脇でインタビューワーをやってるのが、
これまた若い松下誠さん。
Magazine - 4 (1)
この本は、フォーク系雑誌の別冊とは思えない程、演奏記事が充実していて、
ルカサーも、A Clue, Shadows, Just Like a Lovers Knowsに、
Dane DonahueのWhatever Happenedまでソロ譜例が載ってるのだ。
中々、入手は難しいかもしれませんが、見つけたら速攻確保をお勧めする。

オッサンお決まりの、昔は良かったシリーズでした。
関連記事

"利用できなくなりました"の憂鬱«  | HOME |  »I Love You

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/431-2bbc5035

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu