FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

"利用できなくなりました"の憂鬱

Apple MusicにはiCloud Music Libraryというサービスがあるんだ。
自分でCD、LPからリッピングした曲も含む全ての音楽ライブラリを、
iCloudというクラウドサービス上にバックアップしてくれる。
御蔭でネットに繋げれば、手持ちのPCやiPod、iPhone(持ってないけどさ)全てで
自分の音楽ライブラリを聞くことができる。
しかも、ライブラリの曲がApple Musicに登録済みなら、
高品質なApple Music版に挿げ替えてくれるんだ。
つまりだ、ゴニョゴニョして手に入れた低品質な音楽データまで、
Apple Music版の高品質で聴けるという、マネーロンダリング並みのサービスなのだよ。
(実際には中々上手くいかないけどね。)

但し、ロンダリングしてくれるのはApple Musicに登録された曲だけ。
Apple Musicは懸案だったECM系まで登録が進んで、Jazz系はかなり網羅されてる。
ただ、登録曲は結構変動が有って、今まで聞けていた曲がダメになることも多い。
曲の情報データを見ると

iCloudの状況:利用できなくなりました

と表示されるんで、あぁこの曲聴けなくなったのねと判る。

大体はBootlegっぽいヤツがAppleポリスに見つかって排除されるパターンなんだけど、
時々、レーベル単位でゴッソリ無くなることもある。

今回、Wolfgang Muthspielのあの奇跡のトリオ盤が
iCloudの状況:利用できなくなりました
になってしまったのですよ。

で調べたら、Amazon、HMVなんかも軒並みダメっぽい。
アフィリエイトでスマンが以下のリンクも中古の法外な値段。



レーベル自体はオーストリアにあって、地元のamazonでは販売しているようだけど、
日本での新品入手はかなり難しい状況みたい。
コンテンポラリ系のジャズギタートリオの最高峰だと思うんだけど、
やっぱりセールス的には難しいのかなぁ。

iCloudでのロンダリングデータがダメになったので、
改めて自分のCDデータをライブラリに入れ直して、
久し振りに通勤時に聴きまくってるのだが、
Lamantの始まりの雰囲気は、何度聴いてもゾクゾクするし、
Marc Johnsonのもう一つの名盤Summer Runningを連想させる、
Air, Love & Vitaminsのギターコードワークも素晴らしい。

もし、自分で好きにライブをブッキングできるなら、
このTrioか、Kurt入りのFellowshipを観たいんだよね。
Kurt入りのFellowshipは無理そうだけど、このトリオは可能性ありと思うんだよね。
もし実現したらどうしよう。

Air, Love & Vitaminsのイントロで多分泣く。
関連記事

Zeppelin Logo Maker«  | HOME |  »ギター雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/432-eeff07d6

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu