FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Jonathan Kreisberg & Nelson Veras Live

Jonathan KreisbergとNelson VerasのDuoのCDを買って、
そのバカテク振りに口あんぐりという感じだった。

正直、Nelson Verasって誰?っていう感じだったのだが、
調べてみると、TV ドキュメント番組でPat Methenyと共演した少年とのこと。
あぁ、あの動画の子か!

いつの間にか髭ズラのアンちゃんになっていたのね。
ガットギターでブラジル出身という割には、ボサ系のニュアンスは無く、
クラシック畑からのJazzギターだな。

今回、DuoでMotion Blue Yokohamaに来るということで、
(会社を早退して)観て来ました。

KREISBERG meets VERAS ~JAPAN TOUR 2019 May, 10
1. Lina Rising
2. Stella By Starlight
3. Goodbye Pork Pie Hat
4. Milagre Dos Peixes
5. Windows
6. Until You Know
7. Face On The Barroom Floor
8 Fever Vision
Encore Body And Soul

Jonathanの方はいつもの謎のドーピング液を指にヌリヌリ。
例の高速アルペジオの繰り返しフレーズ。
個人的に、アレってエディのEraptionのライトハンドフレーズぽいんだよね。
勿論、音使いは洗練されてるんだけど、黄門様の印籠的なのが同じ。
”来ました来ました” ひれ伏すのだ〜ぁ。

Nelson Verasは、兎に角、左手の動きが物凄く少ない。
これがクラシックですか。音を出している指以外は固定してる。
ガットギターのピックアップ出力をJC-120で出す以外に、
サウンドホールもマイクで狙って出していました。
ただ、音小さいんだよね。
Jonathanのバッキングに隠れて、正直聴こえない位の音量差。

カッコ良かったんだけど、これギター弾き以外にアピールするのか?
少々、微妙な印象を持ってしまいました。

あとな、Motion Blueの席案内の金髪兄ちゃんな、
常連大事なのは分かるけど、整理番号順を無視した案内は止めとけよ。
関連記事

JonathanのPick«  | HOME |  »コマソン 80年代

コメント

おお、ボディ&ソウルやったんですね。
いいなぁー!
広島では全部で11曲やったんですが
横浜では1曲辺りが長かったですか?
しかしあの液体なんですかね?

スミマセン!
ボディ&ソウル広島でもやりました。
忘れてた。

>ガーシャさん
横浜は、1st,2ndset入替無し、但し合計100分という公演でした。
客の入りが読めない時に、MotionBlueは入替無しで短めにするんですよね。
確か、Kurtの最初のMotionBlueもコレでしたね。

ボデソは意外でしたが、これが一番面白かったかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/438-f085511c

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu